バンクエラ(BNK)

バンクエラ(BNK)に将来性はあるのか【BNKホルダーが予測】

ブロックチェーンを活用した様々な金融サービスを世界中で提供するバンクエラ。

バンクエラの資金調達(ICO)に参加した日本人の方も多くいると思います。

バンクエラが発行する暗号資産『BNK』を保有すると配当などが受け取れるメリットがあるため、これからBNKの購入を検討する方も多いと思います。

そこで気になるのがバンクエラや発行されている暗号資産『BNK』の将来性です。

こちらではバンクエラやBNKの将来性についてBNKホルダーが徹底予測します。

この記事でわかること
  • バンクエラの将来性について
  • バンクエラの発行するBNKの将来性について
  • バンクエラの事業内容について

バンクエラ(BNK)に将来性はあるのか【BNKホルダーが予測】

バンクエラの将来性を考える上でバンクエラが提供するサービスや提供予定のサービスについて考える必要があります。

まずは簡単にバンクエラのサービスが将来性はあるのか1つ1つサービスを紹介しながら考えていきたいと思います。

バンクエラ暗号資産取引所の将来性

バンクエラでは暗号資産取引所サービスを提供しています。

暗号資産取引所については日本の暗号資産取引所であるbitFlyerやビットバンクを知っている方はわかると思いますが、すごく利益をあげられる事業です。

日本でも三菱UFJが暗号資産の発行を発表するなど業界全体が暗号資産の可能性を感じ動き出しています。

世界的にも暗号資産の需要は増していくと予想されるため、バンクエラの暗号資産取引所事業は将来性があると思います。

日本の暗号資産取引所の参考としてリップル取引高世界1位のビットバンクなら仮想通貨取引手数料無料で暗号資産取引所ビットバンクを詳しく解説しています。

スペクトロコインの暗号資産決済・管理サービスの将来性

バンクエラのサービスの1つにスぺクトロコインというサービス名で暗号資産の管理や決済、送金サービスを提供しています。

スペクトロコインの暗号資産決済デビットカードはすでに世界中で3000万台以上のATMと2,500万以上のショップで利用することが可能となっています。

またスペクトロコインの暗号資産サービスはすでに100万人以上の利用ユーザーを抱えており、今後も拡大していくと思われます。

利用ユーザー数を見ても、スペクトロコインのサービスは需要がかなりあり、将来性も確信できるほどだと思います。

スペクトロコインについてはスペクトロコインのウォレット機能から決済サービスまでポイント解説で詳しく解説していますので読んでみてください。

バンクエラの銀行サービスの将来性

バンクエラでは暗号資産を担保としたローンサービスやセンチメント分析を活用した暗号資産投資ソリューションサービスを提供予定です。

暗号資産担保ローンとは、暗号資産を融資元に預け、法定通貨を融資してもらうサービスのことを言います。

暗号資産ローンは「crypto-to-cash lending」とも呼ばれ、このサービスは「NEXO」というベンチャー企業をはじめとする複数社が目をつけ提供を始めています。

融資やローンサービスを行う上で最も重要なのが自己資本規制比率とリスクアセットの算出です。

簡単に説明するとバンクエラに相当な資本金がないとローンサービスは提供できないのです。

そのため参入がむずかしい事業ではあります。

しかし、みずほ証券戦略調査部の調べで実際には、バンクエラはICOで150,949,194米ドル(現レートで約170億円)の調達に成功したとしていますので、単純に計算しても目標資本金としてははICOの時点でクリアしていると思われます。

バンクエラのセンチメント分析については資金調達額

センチメント分析を活用した暗号資産投資ソリューションサービスに関しても、暗号資産市場が拡大していくことから需要があるように思います。

センチメント分析についてはむずかしくなるのでここでは割愛しますが、バンクエラの銀行サービスにも将来性を感じます。

バンクエラのセンチメント分析については【バンクエラ】暗号資産投資ソリューションのセンチメント分析を解説で詳しく考察しているので、興味のある方は読んでみてください。

もう少し詳しくバンクエラのサービスについて知りたい方はバンクエラの配当から取引所まで【BNK保有者が簡単に説明】をどうぞ!

つづいてバンクエラが発行する暗号資産『BNK』の将来性について考えていきたいと思います。

バンクエラが発行するBNKの将来性

ここではバンクエラが発行する暗号資産BNKを保有するメリットや似たのような暗号資産との価格比較などでBNKの将来性を考えていきたいと思います。

BNKのメリット1:配当がもらえる

バンクエラが発行するBNKを保有することでバンクエラとスペクトロコインの純利益の20%を毎週配当として受け取ることができます。

これはイーサリアムやNEMのスマートコントラクトによって実行され、バンクエラとスペクトロコインの純利益が上がれば上がるほど配当が増えていきます。

バンクエラの認知度向上にともないバンクエラの将来性やBNKの配当に魅力を感じて今後保有者が増える可能性はあります。

バンクエラの配当については【バンクエラ】配当の仕組みから受け取り方法まで簡単解説でわかりやすく解説しています。

BNKのメリット2:BNKでの暗号資産取引手数料が無料になる

バンクエラの発行するBNKをバンクエラ暗号資産取引所で取引通貨として利用する場合、取引手数料が無料となります。

例えば、BTC/ETHを取引する場合、一度BTC/BNK→BNK/ETHと取引することで費用効果が上がります。

これはBNKの流動性を向上させる施策でもありますが、BNK保有者にとってもメリットです。

つづいてBNKと似た暗号資産とBNKを価格比較して将来性を考えていきます。

BNK類似トークン1:Binance Coin (BNB)

暗号資産大手取引所バイナンスが発行するBNBですが、こちらの価格推移を見てみましょう。


BNK類似トークンBNBチャート

上場時は約55円ほどですが、記事作成現在は約1606円ほどで推移しています。

バイナンスの発行するBinanceCoinもBNB通貨ペア取引の場合、数料が0.1%から0.05%になるなど付加価値のついた通貨になります。

BNB通貨ペアも網羅性があり、数多くの通貨を取り扱っています。

上場時から約30倍は驚きですが、今後のDEX構想(分散型取引所)などを踏まえると、数年スパンで見れば今後もか価格上昇が見込めると個人的に思っています。

同じ暗号資産取引所サービスをおこなう上で将来性の参考になります。

BNK類似トークン2:Huobi Token (HT)

こちらは暗号資産取引所フオビが発行するHTになります。

こちらの価格推移をみてみましょう。


BNK類似トークンHTチャート

上場時は約110円ほどですが、記事作成現在は約418円ほどで推移しています。

こちらは基軸通貨として機能しているわけではありませんが、上場が1月24日と市場が冷えこんでいた時期ですね。

それを踏まえると、市場の回復と取引所発行通貨だという期待上げを考えると約4倍は妥当かなと思います。

これらを踏まえると、暗号資産取引所が発行する通貨は比較的安定して価格が上昇することが伺えます。

バンクエラの発行するBNKに関しては、手数料や配当など付加価値が設定されているため、何事もなければ長期スパンでの価格上昇は見込めそうです。

バンクエラ【BNK】の将来性まとめ

ということで簡単ではありますがバンクエラ(BNK)のサービスからその将来性を考察してきました。

社会要請やトレンド、テクノロジーの成熟度などを考慮してもバンクエラは将来性ありではないでしょうか?

気になるとすれば国家規制などの外部要因ですね。

コンプライアンスに強いバンクエラであればうまく対応していくとは思いますが、世界の暗号資産規制も注意しておく必要がありそうです。


記事にBitcoinを投げ銭する!