バンクエラ(BNK)

バンクエラの配当から取引所まで【BNK保有者が簡単に説明】

この記事でわかること
  • バンクエラの発行するBNKの詳細や配当について
  • バンクエラの暗号資産取引所について
  • バンクエラの暗号資産『BNK』の購入方法

バンクエラはブロックチェーンという新しいテクノロジーを活用した暗号資産取引所・暗号資産決済や銀行業などのサービスを提供するベンチャー企業です。

日本からもICO(イニシャル・コイン・オファリング)に参加できたため、話題となっていました。

バンクエラではICOにともない自社で暗号資産『BNK』を発行し、その保有者は配当を受け取ることができます。

こちらでは、バンクエラの取引所や配当についてわかりやすく紹介していきたいと思います。

この記事でわかること
  • バンクエラの発行するBNKの詳細や配当について
  • バンクエラの暗号資産取引所について
  • バンクエラの暗号資産『BNK』の購入方法

バンクエラに関する情報総まとめ【配当から取引所】

まずはバンクエラの発行する『BNK』や配当について説明する前に、バンクエラがどうゆう事業をしているのか暗号資産取引所も含めて主要なものを紹介していきたいと思います。

バンクエラの暗号資産取引所

バンクエラ取引所チャート画面

バンクエラでは、主要事業の1つに暗号資産取引所のサービスを提供しています。

バンクエラの暗号資産取引所では、バンクエラの発行する『BNK』を含めた数種類の暗号資産を購入/取引することができます。

下の表は現在バンクエラ取引所でサポートしている通貨です。

取り扱い通貨 通貨ペア
BTC BTC/ETH,BTC/BNK
ETH ETH/BTC,ETH/BNK
XEM XEM/BTC
DASH DASH/BTC
BNK BNK/BTC,BNK/ETH

現在、バンクエラの暗号資産取引所は日本の金融庁投資家保護の規制から日本居住者は利用することができなくなっています。

今後、規制緩和によって利用可能となることを願います。

バンクエラ【Bankera】暗号資産取引所へはこちら

暗号資産の管理・決済サービス【スペクトロコイン】

スペクトロコインのサービス

バンクエラでは暗号資産の管理・決済サービスも事業として展開しています。

具体的には暗号資産ウォレットで暗号資産が管理できたり、ウォレット内の暗号資産をデビットカードで決済に使用することができます。

スペクトロコインでは24種類の法定通貨、20種類以上の暗号資産を取り扱っており、さらに世界中の240以上の国や地域を10カ国語でサポートしています。

残念ではありますが、こちらのサービスも日本の金融庁投資家保護の規制から日本居住者は利用することができなくなっています。

スペクトロコインの暗号資産ウォレットサービスについてはスペクトロコインのウォレット機能から決済サービスまでポイント解説で詳しく解説しています。

バンクエラの投資・融資サービス

バンクエラでは将来、ブロックチェーンを活用した銀行サービスも展開する予定です。

銀行サービスとして基本的な預金管理や融資をはじめ、個人向けに低コストの上場投資信託、トレーディング、アドバイサリー、仲買業務、カストディー、ウェルスマネジメント等のサービスを追加していく予定です。

投資ソリューションでは独自のセンチメント分析という手法も活用される予定となっており、最先端の技術が利用できます。

バンクエラのセンチメント分析については【バンクエラ】仮想通貨投資ソリューションのセンチメント分析を解説で仮説しています。

次にバンクエラの発行する暗号資産『BNK』について解説していきます。

バンクエラの発行するBNKの詳細と価格

バンクエラではICOにて資金調達をおこなう際に独自の暗号資産『BNK』を発行しています。

下の表はBNKの詳細と価格になります。

発行日 2017年11月27日
バンクエラ名称 BNK
BNK供給量 10,924,176,189 BNK
ブロックチェーン イーサリアム,NEM
公式サイト バンクエラ公式サイト
ホワイトペーパー ホワイトペーパー

BNK現在価格

BNKを保有することでいくつかメリットがあり、そのメリットに魅力を感じBNKに投資を決めた人も少なくないと思います。

要するにBNKが株のようなものでメリットとは優待だとイメージするとわかりやすいと思います。

BNKを保有するメリットとして、バンクエラの暗号資産取引所で手数料が無料になることやバンクエラの売り上げの一部が配当として受け取れるメリットがあります。

次に配当について詳しく説明していきます。

BNKを保有すると配当がもらえる!

BNKを保有するとバンクエラとスペクトロコインの売り上げから20%をBNK総数(供給量)から自身の保有率に応じて暗号資産で配当されます。

配当は暗号資産イーサリアムで受け取ることができ、これは単純にバンクエラとスペクトロコインの事業が拡大すればするほど配当が増える計算になります。

バンクエラでは、配当が発生するたびにバンクエラ公式ブログにて売り上げや配当金を公開しています。

バンクエラの配当については【バンクエラ】配当の仕組みから受け取り方法まで簡単解説で詳しく解説しています。

バンクエラのBNKが購入できる取引所

バンクエラのBNKを保有するには暗号資産取引所にてBNKを購入する必要があります。

しかし、現在BNKは海外の暗号資産取引所にしか上場していないため、金融庁の規制の関係で入手することは難しいです。

非常に残念ですが、一様BNKが上場している取引所を下の表にまとめておきます。

BNKが購入できる取引所

バンクエラ暗号資産取引所

スペクトロコイン(バンクエラ運営)

HitBTC

Hanbitco

注目度の高いバンクエラ

金融庁の規制によってBNKを購入することは難しくなりましたが、バンクエラはブロックチェーン業界でも注目度の高い企業です。

MUFG(三菱UFG銀行)が運営するWebメディアInnovationHubでも特集されています。(Bankeraはいかにしてブロックチェーン銀行の雄となり得るのか
)

そのほかにもバンクエラはFintech投資会社として有名なH2 VenturesとKPMG Fintechの共同事業でFintech企業を格付けしたレポート「2018 Fintech100」にて有望な新興企業として選出されています。

こちらについては過去バンクエラが2018年世界有数のFintech新興企業に選出で詳しく紹介しています。

まずは日本居住者がBNKを購入できる日が早く来るのを祈っておきたいと思います。

バンクエラの主要事業であるスペクトロコインについては以下の記事で詳しく解説しています。バンクエラについて詳細に知りたい方は読んでみてください。

スペクトロコインのサービス
スペクトロコインのウォレット機能から決済サービスまでポイント解説スペクトロコインの提供する暗号通貨ウォレットは高セキュリティかつ利便性が高いです。スペクトロコインウォレットの機能や利用するメリットなど細かく説明していますので、利用を検討している方の参考になればと思います。...

記事にBitcoinを投げ銭する!