BANKERA

バンクエラが発行する仮想通貨BNKの将来性を徹底考察!

どうもshoto です。

ブロックチェーン時代の銀行バンクエラが発行する仮想通貨BNK

ICOに参加しなかった方も、上場後にBNKトークンを「購入してみようかな」と思っている方多いのではないでしょうか?

そこでこの記事ではBNKトークンを保有するメリットを交えながら将来性について考察していきたいと思います。

バンクエラについて知らないという方はバンクエラ【BANKERA】の仮想通貨BNKや取引所について解説で詳しく解説していますので、これを読めばバンクエラを総体的に把握することができます!

この記事の要点

  • BNKトークンはバンクエラが発行するトークンであること。
  • BNKトークンを保有するメリットはバンクエラ取引所にて手数料が無料な点と配当を受け取れること。
  • 取引所が発行するトークンは価格上昇しやすい【過去取引所発行トークンとの比較】。

バンクエラが発行する仮想通貨BNK(トークン)の将来性


バンクエラ取引所

仮想通貨BNKを発行するバンクエラは、ブロックチェーン時代の銀行を開発する目的で設立され、現在はスペクトロコインというブランドで、仮想通貨決済、管理、企業向けサポートなどのサービスを提供し、利用ユーザーは100万人を超える実績があります。

スペクトロコインについてはスペクトロコインとは?便利な3つの仮想通貨サービスまとめで詳しく解説しています!

スペクトロコインの暗号通貨ウォレットについてはゼロから分かる!スペクトロコイン仮想通貨ウォレットの魅力で魅力を解説しています。

バンクエラはプロジェクトの発足に祭してイーサリアム上に独自の仮想通貨BNKを開発し、ICO(Initial coin offering)にて資金調達を行いました。

このバンクエラが発行した仮想通貨BNKの将来性をを考察する上でBNKを保有するメリットについて考えておく必要があります。

そのため次にBNKを保有するメリットを解説していきたいと思います。

BNKのを保有する2つのメリット!

バンクエラが発行する仮想通貨BNKを保有するメリットは主に2つあります。

それはバンクエラ取引所の手数料とBNKスマートコントによる配当にあります。

バンクエラ取引所にて取引手数料が無料になる

バンクエラの取引所にて、BNKを通貨ペアとして取引した場合、取引手数料が無料になります。

どのようなメリットがあるか簡単にご説明すると。

手数料に関するメリット(例:BTCとETHをトレードしたい場合)

  • ×:BTC⇆ETHの取引は手数料が発生.
  • ○:一度、BTC⇄BNKに交換後、BNK⇄ETHにすると手数料がかからず、費用効率が高い.
  • ユーザーのメリット:手数料が掛らない分費用効率が高い.
  • バンクエラのメリット:通貨の流動性とBNKの需要が向上する.

まず、BNKを取引通貨として採用すればユーザーは手数料が無料になるメリットがあります。

そしてもう1つバンクエラ側のメリットとして、自社が発行するBNKの流動性を向上させることができます。

取引所とは基本的には通貨を買いたい人と売りたい人をマッチングする場になります。

取引所内で通貨の流動性が低いと、買いたいのに買えない、またはその逆の事態が発生します。

そういった意味でも取引所にとって通貨の流動性はとても重要となります。

また、BNKのメリットなどにより、ユーザーの増加が見込め、必然的に他の通貨の流動性も向上することが予想できますね!

BNKを保有すると配当がもらえる


バンクエラ配当
バンクエラではBNK保有者に対して、バンクエラとスペクトロコインの純取引利益の20%を配当として配布しています。

BNK保有者はBNK保有量に応じて、ETHかXEMどちらかで配当を受け取ることができるのです。

BNK総数の内、1%を保有しているとすれば、純取引利益分配額の1%を配当として受け取れます。

以上の2つが仮想通貨BNKを保有するメリットになります。

下記はBNKの配当に関する参考記事になります。

BNKを保有するメリットは分かりましたが、将来性を考察する意味で他の取引所が発行する仮想通貨の価格推移を見てみましょう。

類似トークン1.Binance Coin (BNB)

仮想通貨大手取引所バイナンスが発行するBNBですが、こちらの価格推移を見てみましょう。


BNBチャート
上場時は約55円ほどですが、現在は約1606円ほどで推移しています。

バイナンスの発行するBinanceCoinもBNB通貨ペア取引の場合、数料が0.1%から0.05%になるなど付加価値のついた通貨になります。

BNB通貨ペアも網羅性があり、数多くの通貨を取り扱っています。

上場時から約30倍は驚きですが、今後のDEX構想(分散型取引所)などを踏まえると、数年スパンで見れば今後もか価格上昇が見込めると個人的に思っています。

類似トークン2.Huobi Token (HT)

こちらは仮想通貨取引所フオビが発行するHTになります。

こちらの価格推移をみてみましょう。


HTチャート
上場時は約110円ほどですが、現在は約418円ほどで推移しています。

こちらは基軸通貨として機能しているわけではありませんが、上場が1月24日と市場が冷えこんでいた時期ですね。

それを踏まえると、市場の回復と取引所発行通貨だという期待上げを考えると約4倍は妥当かなと思います。

今後、基軸通貨として採用されれば一気に伸びそうな通貨ですね。

これらを踏まえると、取引所が発行する通貨は比較的安定して価格が上昇することが伺えます。

BNKに関しては、手数料や配当など付加価値が設定されているため、何事もなければ長期スパンで価格上昇は見込めそうです。

ということでバンクエラの発行する仮想通貨BNKの将来性をメリット、類似トークンの価格推移から考察しました。

市場自体が未だ成熟していないのでなんとも言えないですが、バンクエラの事業内容から察するにBNKはポテンシャルのある仮想通貨だと思います。

Source of photo:https:https://bankera.com/#


記事にBitcoinを投げ銭する!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。