BANKERA

バンクエラの配当受け取り方法から仕組みまでを簡単に解説

どうもShoto です。

Coinhack-LabではバンクエラについてPre-ICOから追って情報を発信してきています。

その中で記事のアクセス数やSNSなどのデータから、バンクエラに興味を持つ人が増えているなぁと感じます!

中でもバンクエラの発行する独自トークン「BNK」を投資対象として注目している人が多く、もっと言えばBNKを保有することで得られる配当に関心があるように思えます。

そこで今回はバンクエラの配当について受け取り方法仕組みなどを解説していきたいと思います!

バンクエラについて知らないという方はバンクエラ【BANKERA】の仮想通貨BNKや取引所について解説で詳しく解説していますので、これを読めばバンクエラを総体的に把握することができます!

バンクエラの配当について

バンクエラ配当

バンクエラは仮想通貨BNKを発行してICO(Initial coin offering)を実施し、資金調達をしています。

ICOとは簡単に説明すると仮想通貨を自社で発行して、ユーザーに購入してもらうことで資金調達する方法ですが仮想通貨に価値がなければ購入してもらえませんよね?

なのでバンクエラでは発行したBNKに対して大きく分けて2つの付加価値を実装しています。

2つの付加価値とは以下のものです。

  • バンクエラの仮想通貨取引所にて、BNKを通貨ペアとして取引した場合、手数料が無料になる。
  • BNKを保有することで配当(収益分配)を受け取ることができる

この2つの価値によりバンクエラは約160億円の調達に成功しています。

この記事ではBNKを保有することで得られる配当(収益分配)について着目して解説していきます。

バンクエラの配当金は純利益の20%が適用対象

バンクエラの配当金についてですが、配当総額はバンクエラ取引所とスペクトロコイン純利益20%になります。

この純利益の20%から自身のBNK保有量に応じて配当を受け取ることができます。

ここでまず仮想通貨BNKについて詳細を紹介します!

バンクエラ/BNKの概要

発行日 2017年11月27日
バンクエラ名称 BNK
BNK供給量 10,924,176,189 BNK
ブロックチェーン イーサリアム,NEM
公式サイト 公式サイト
ホワイトペーパー ホワイトペーパー

BNK現在価格


バンクエラ配当はいくらもらえるのか?

それでは実際にバンクエラの配当についてイメージしやすくするため、配当の例を見てみましょう。

BNKはイーサリアムとNEMのブロックチェーン上に開発され、現在10,924,176,189BNK発行されています。

なので配当が適用されるBNK総数はこの10,924,176,189BNKとなります。

配当は仮想通貨Ethereumで支払われるのですが、ここでBNKの個人配当額の例に説明していきます。

AさんはBNKを全体総数の1%を保有していたとします。

バンクエラとスペクトロコインの純利益(粗利)が1週間で1,000万円だった場合、そのうちの20%、つまり200万円が収益分配対象となります。

そのうち1%のBNKを保有しているので、200万円の1%である2万円をAさんは1週間の収益分配として仮想通貨ETHで受け取ります。

といった具合になります。

BNKの発行上限が25,000,000,000BNKとなっていますので、新規発行がない場合、バンクエラとスペクトロコインの純利益が上がれば上がるほど配当額が増えるという設計になっています。

BNK発行上限

スペクトロコインはバンクエラの提供する仮想通貨オールインワンサービスで、ここで詳しい説明は割愛しますが、気になる方はスペクトロコインとは?便利な3つの仮想通貨サービスまとめで詳しく解説してますのでチェックしてみてください!

バンクエラ配当(収益分配)の仕組み

バンクエラ配当仕組み

先ほど少し触れましたがバンクエラはイーサリアムやNEMといったブロックチェーン上に開発されています。

イーサリアムやNEMはスマートコントラクト(自動契約執行)というプログラムを活用して自動で取引や契約執行できる機能が実装されています。

バンクエラの配当はこのスマートコントラクトによって実行されます。

詳しくはバンクエラの収益分配を実行するスマートコントラクトについて解説で解説しています!

バンクエラ配当の受け取り方法

さて、最後にバンクエラ配当の受け取り方法について1番簡単な方法を説明していきたいと思います!

方法はいくつかありますが1番簡単な方法としてスペクトロコインの仮想通貨ウォレットにBNKを保管することで、毎週自動で配当が入金されてきます。

仮想通貨BNKもスペクトロコインで購入できるので、スペクトロコインでBNKを購入してそのまま放置という方が多いかと思います。

スペクトロコインのウォレットについてはスペクトロコインの仮想通貨ウォレットとメリットを解説で詳しく解説しています。

ということでバンクエラの配当受け取り方法から仕組みまでを簡単に解説しました!

バンクエラは配当だけでなく、事業そのものも魅力的なので気になる方はバンクエラ特設ページで色々見てみてください!

またインフォグラフィックでの配当レポートも始めましたので、配当額等気になる方はチェックしてみてください。

see you next time.

Source of photo:https://bankera.com/


記事にBitcoinを投げ銭する!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。