BANKERA

バンクエラがネム【NEM】を金融エコシステムに組み込む理由

どうもshoto です。

次世代金融エコシステム構築を目的としたプロジェクト「バンクエラ」。

バンクエラは、イーサリアム上に独自トークンBNKを開発したことで知られていますが、実はNEMブロックチェーン上にもNEM Mosaicを活用して独自トークンBNKの開発を進めています。

また、バンクエラはエコステムの1つに決済サービスを主とした「スペクトロコイン」というサービスを提供しています。

スペクトロコインが発行するデビットカードではNEM/XEMを決算に使用する事ができたりと、バンクエラはエコシステム内でXEMを積極的に採用している事がわかります。

そこで今回はなぜイーサリアムに加えて、NEMのブロックチェーン上でもBNKを開発する理由やバンクエラとネムの関係性について考察していきたいと思います。

この記事の要点

  • バンクエラのサービスにてNEM/XEMを決済や取引に使用することができる。
  • BNKを保有するだけで、ETHかNEM/XEMを配当として受け取れる。
  • BNKはNEMとイーサリアムのブロックチェーンを切り替えることができる。
  • NEMブロックチェーンはイーサリアム同様にスマートコントラクト実装やトークン発行が行える。
  • バンクエラのアドバイザーにはNEM財団創設者ロン・ウォン氏がいる。

バンクエラについて知らないという方はバンクエラ【BANKERA】の仮想通貨BNKや取引所について解説で詳しく解説していますので、これを読めばバンクエラを総体的に把握することができます!

バンクエラとNEMの関係性

まずはNEMのブロックチェーン上でもBNKを開発する理由などを考察する前に現状バンクエラとNEM/XEMにどのような接点があるのかを整理していきたいと思います。

バンクエラが決済通貨の1つにNEM/XEMを採用


NEM

冒頭にも説明しましたがバンクエラはスペクトロコインというブランド名で暗号通貨の管理、決済、取引サービスなどを提供しており、その中にNEM/XEMもサポート通貨として含まれています。

ここで、前提として現在バンクエラが提供するサービスでどのようにNEM/XEMが利用できるのか、そして将来的にどのようにサービスが拡張されるのかを解説します。

スペクトロコインの暗号通貨取引


スペクトロコイン取引
スペクトロコインの提供する暗号通貨取引にNEM/XEMを利用することができます。

暗号通貨取引ではビットコインやイーサリアム、NEM/XEMなどを瞬時に売買することができます。

スペクトロコインのデビットカード決済


スペクトロコイン決算
スペクトロコインの提供するデビットカード決済にNEM/XEMを利用することができます。

NEMを含むサポートされている暗号通貨を従来の法定通貨(円やドル)に換金し、決算に使用することができます。

バンクエラのアドバイザーにNEM創設者が含まれている


NEM財団

そしてバンクエラとNEMにはもう1つ大きな接点があります。

それはバンクエラのアドバイザーにNEMの創設者であるロン・ウォン氏の名が記載されている点です。


バンクエラアドバイザー
これは実質、NEM財団のトップがバンクエラのプロジェクトに参画していることを意味します。

ロン・ウォン氏は連続起業家として30年以上の経験を持つ人物であり、ブロックチェーンや暗号通貨業界でも影響力の強い人物と言えます。

そんなロン氏がバンクエラのアドバイザーを引き受けた理由についてインタビューで語っていますので、要点をまとめたいと思います。

インタビュー動画



ロン・ウォン氏インタビュー要点まとめ

なぜバンクエラのアドバイザーを引き受けたのか?

バンクエラは革新的な事業内容あり、強く惹かれた。

そしてバンクエラのビジョンがとても明確であったこと。

バンクエラと同様のプロジェクトと比較して競争上の優位性を見ましたか?
バンクエラが金融業界に展開しようとしているソリューションはとても明確で従来の銀行システムとは全く異なるアプローチであり、そこに魅了された。

ロン・ウォン氏がアドバイザーであることは、バンクエラの次世代ブロックチェーン銀行成功に向けて重要なファクターの1つと言えます。

それと同時にNEMとバンクエラがサービス機能だけでなく、経営戦略的に密接に関係していることがわかります。

バンクエラがNEM上でもトークンを開発する理由

ここからは、バンクエラがNEMのブロックチェーン上でもBNKを開発する理由を考察していきたいと思います。

NEM上に開発される暗号通貨にもアプローチできる

バンクエラがイーサリアムとNEM双方のブロックチェーン上でトークンを開発するメリットの1つに幅広い暗号通貨プロジェクトを自社エコシステムに組み込めるというメリットがあります。

バンクエラは金融エコシステムに暗号通貨取引所や暗号通貨投資ソリューションなどのサービスが含まれています。

イーサリアムとNEM双方のブロックチェーンで独自トークンBNKを開発することで、BNKを2つのブロックチェーン上に流通させることや自社のサービスに2つのブロックチェーン上に開発されるトークンをサポートすることでより大きなコミュニティを形成することが可能となります。

NEM/XEMを配当として受け取ることができる


バンクエラ配当
NEMのブロックチェーンにはイーサリアム同様にスマートコントラクト(自動契約執行)が実装できるほか、NamespaceとMosaicというNEMブロックチェーン上にトークンを発行できる機能があります。

バンクエラではNEM Mosaicの開発をすでにスタートしており、完成後に実装することでイーサリアムとNEMどちらかで配当を受け取ることが可能となります。

僕はこの配当通貨を選べるシステムを他の競争性のある通貨では見たことがなく、1つの強みであると認識しています。

そしてBNKの優れたところは配当通貨を選べる点に加え、ブロックチェーンを切り替えることができるところです。

これには、双方のブロックチェーンは異なる仕様となっている点が重要な要因です。

例えば取引処理速度ですが、イーサリアムの処理速度は【約15件/秒】、カタパルト(ブロックチェーンサービスアップデート)実装後のNEMは【約4000/s】処理となっています。
イーサリアムも取引処理速度に関して改善されると思いますが、これは大きな違いです。

そのほかにもコンセンサスアルゴリズム(イーサリアムはProof-of-Stake、NEMはProof-of-important)などの違いなどがあります。

BNK保有者は好みに合わせ仕様の異なるブロックチェーンを選択することができ、それは大きなメリットだと思います。

ということでNEMのブロックチェーン上でもBNKを開発する理由やバンクエラとネムの関係性について考察しました!

NEMとバンクエラの発展は双方にシナジーを生む関係性にあることがわかります。

NEMの動向にも目が離せません!

あわせて読みたいNEMの解説


記事にBitcoinを投げ銭する!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。