バイナンスのDEXについて特徴やウォレット設定まで簡単解説

世界屈指の暗号資産取引所であるBINANCE(バイナンス)はDEX(分散型取引所)サービスを提供しています。

DEXとはブロックチェーンなどの技術を活用して実現される管理者の存在しない暗号資産取引所をいいます。

こちらの記事では、バイナンスが提供するDEXの特徴や取引をはじめる上で必要なウォレットの設定方法までをわかりやすく解説します。

BINANCE(バイナンス)について詳しく知りたい方はBINANCE(バイナンス)の口座開設から特徴までを簡単解説でわかりやすく解説していますので読んでみてください。

バイナンスDEX(分散型取引所)の特徴やウォレット設定まで

DEXと暗号資産取引所の違い

まずバイナンスのDEXについて解説する前にDEX(分散型取引所)について少し解説しておきます。

DEXとは(分散型取引所:Decentralized Exchange)の略で、国内の暗号資産取引所であるCoincheckやbitbankなどの管理者が存在する中央集権的な取引所に対して、DEXでは取引所を管理する管理者が存在しません。

DEXではブロックチェーンやP2P技術などを活用することで管理者やサーバーを必要としない仕組みとなっており、DEXのメリットとしてハッキングリスクが低い点や資産を自身で管理できる点があげられます。

DEXについては分散型仮想通貨取引所【DEX】とは?従来の取引所と徹底比較!で詳しく解説していますので読んでみてください。

暗号資産取引所バイナンスが開発したDEXの特徴

バイナンスのDEX取引画面

バイナンスのDEXはバイナンスが開発したブロックチェーン【Binance Chain】上で稼働するDEX(分散型取引所)になります。

バイナンスが開発したDEXではユーザーが自由に暗号資産の売買できるだけでなく、暗号資産やトークンを発行してBinance Chainを使用して、転送/取引することも可能となっています。

従来のDEXでは暗号資産の取引が利用する主な目的となっていましたが、バイナンスDEXの特徴として取引以外の機能も利用することができます。

バイナンスが開発したBinance ChainとDEXでは下のような機能を使うことができます。

    ユーザーができること

  • BNB(バイナンスコイン)が送受信できる。
  • 新しいトークン(暗号資産)を発行して資産をデジタル化し、その資産の基になる交換/転送ネットワークとしてBinance Chainを使用できる。
  • トークンの送信、受信、書き込み/ミント、フリーズ/フリーズ解除ができる。
  • 2つの異なるトークン間にトレーディングペアを作成することを提案できる。
  • Binance Chain(ブロックチェーン)上に作成された取引ペアを通じて資産を売買するための注文を送信することができる。
  • 特定の資産の価格と市場活動を確認するためにDEX市場を見ることができる。


  • 開発者向け

  • Binance Chain、Explorer、API、およびノー​​ドRPCインターフェースを介して、チェーン上のトランザクション履歴とブロックを探索することができる。
  • フルノードを実行して、トランザクション、ブロック、およびコンセンサスアクティビティに関する最新情報を聞き、ブロードキャストすることができる。
  • フルノードまたはAPIを介してBinance Chainの様々なデータを抽出することができる。
  • 検証ノードを実行する。
  • ユーザーがBinance ChainとBinance DEXを使用するのに役立つツールとアプリケーションを開発することができる。

バイナンスDEXでウォレットを作成する方法

暗号資産取引所BINANCE(バイナンス)

ここからは実際にバイナンスのDEXを利用するために必要な暗号資産ウォレットの作成方法を解説していきます。

>BINANCE(バイナンス)DEXはこちら

バイナンスDEX公式トップページより【Create a Wallet】をクリックします。

ウォレット作成チュートリアルを確認し、【Next】をクリックしていきます。

Create New Wallet画面にて、暗号資産ウォレットへアクセスするための【Keystore File】を発行します。

ウォレットのパスワードを設定し、注意書きを確認しチェックボックスにチェックを入れ、【Downlaod Keystore File】をクリックし完了です。

バイナンスDEXウォレット作成手順

ダウンロードしたKeystoreFileはバイナンスDEXで取引する際に必要となりますのでしっかりと管理しましょう。

バイナンスのDEXはメリットが豊富

バイナンスのDEXで暗号資産を取引するメリットは非常に多くあります。

メリットとしてDEXでは運営管理者が存在しないため手数料が安い点や資産を自身で管理できる点、そしてバイナンスのDEXはブロックチェーン上のガバナンスとオープンソースなソフトウェアで成り立っているため、利用者の意見が反映されやすく、コミュニティイニシアチブな点です。

従来の暗号資産取引所と異なり、バイナンスのDEXでは運営主導権がコミュニティになるのが大きなポイントといえますね。

BINANCE(バイナンス)のメリットや口座開設を初心者向け解説

>はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめて仮想通貨を買うならCoincheck!
ユーザー数195万突破!金融庁登録済の仮想通貨交換業者(2019年11月)。
東証一部上場企業のマネックスグループのグループ会社であるCoincheckは国内最大の11種類の仮想通貨を取り扱い、取扱通貨は全て500円から購入可能!
初心者でもスマホアプリから簡単取引可能と評判の取引所で仮想通貨アプリ国内最大の262万DLを突破した人気取引所です。
<取り扱い通貨>・ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リスク(LISK)・ファクトム(FCT)・ライトコイン(LTC)・イーサリアムクラシック(ETC)・モナコイン(MONA)・ステラルーメン(XLM)