ビットコインとは?簡単にわかりやすく解説【初心者向け】

ビットコインをこれから購入してみたいけど『仕組みや特徴、購入方法がわからない』という方に向けて疑問を簡単にわかりやすく解決していきたいと思います。

ビットコインを購入する上ではある程度仕組みや特徴を理解していく必要があると思います。

この記事では、ビットコインをスタートする際の最初の事前知識として知っておきたいことを簡単に説明するものにしたいと思っています。

[box02 title=”この記事でわかること”]
  • ビットコインと円(法定通貨)の違いについて
  • ビットコインを支える技術ブロックチェーンについて【簡単】
  • 管理者の存在しないビットコインが信頼できる理由
  • ビットコインが購入できる取引所について
[/box02]

【簡単】ビットコインの仕組み・特徴・購入方法を説明

ビットコインロゴ

ビットコインのスタート地点として、ビットコインが誕生した歴史と従来の通貨(円)との違いについて説明していきます。

ビットコインの誕生と円との違い【特徴】

ビットコインは2008年に「サトシ・ナカモト」という人物が発表した論文【ビットコイン: P2P 電子通貨システム】をもとに開発されました。

ビットコインの大きな特徴として『実態の存在しないネットワーク上で流通する通貨である』、『中央管理者が存在しない』、『発行枚数に制限がある』というのが大きな特徴です。

ビットコインは約2100万枚という発行制限があり、これ以上増えることはありません。

そしてビットコインの管理者が存在しないということで不安になる方が多いと思いますが、通貨の偽造などの不正行為に関しては暗号技術やブロックチェーンという技術を活用することで抑制されています。

ビットコインと円の違いをまとめると下の表のようになります。

-ビットコインと円の違い-

法定通貨(円)ビットコイン
取引形態物理的な受け渡し(現金)ネットワーク上のデータ受け渡し
通貨単位BTC
偽造対策特殊印刷技術ブロックチェーン、暗号技術
管理主体中央銀行等なし

次にビットコインの仕組みを支えているブロックチェーンについて解説していきます。

ビットコインの仕組みを支えるブロックチェーン

ビットコインの仕組み【ブロックチェーン】

つぎにビットコインの仕組みを支えるブロックチェーンについて簡単にわかりやすく説明していきます。

先程ビットコインは偽造ができないように暗号技術やブロックチェーンを活用していると説明しましたがブロックチェーンの主な役割として一定時間内(10分)の取引を集約(ブロック化)し、時系列でチェーン状にデータとしてつなぎ管理しています。

ビットコインブロックチェーン

このチェーン状のデータはビットコインネットワークに参加する人全てが確認できるような仕組みとなっており、どのような取引がおこなわれたか一目了然になっています。

ビットコインではネットワーク参加者がマイニングという方法を使用して取引が正当であるかを確認し、それをブロックチェーンに記録、公開することでネットワークの健全性を保つ仕組みになっているのです。

少々ややこしいですがブロックチェーンに記録される内容として下のようなものがあります。

-ブロックチェーンに記録されるデータ-

1.取引データ:送金額や取引情報、当事者情報。

2.ハッシュ値:元データから一定計算方法で算出される固定長の値。ハッシュ値は出力値からは復元できず、膨大なデータ量を圧縮することで改ざん防止に使用される。

3.ナンス値:ナンス値【number used once】は使い捨ての数字であり、次ブロックのハッシュ値算出に用いられる値。

ビットコインを購入する方法【おすすめ取引所ランキング】

ビットコイン取引所

ここまでビットコインの仕組みや特徴についてわかりやすく説明してきました。

最後にビットコインをどのようにして購入したらいいのかという疑問を解決していきます。

ビットコインを購入する手順としておおまかに下の手順があります。

1.仮想通貨取引所に登録する。

2.日本円を仮想通貨取引所に入金する。

3.日本円とビットコインを取引する。

ここではビットコインを購入するのに最適な取引所をランキング形式で紹介したいと思います。

[jin-rank1]1位:初心者にも簡単で使いやすい取引所【コインチェック】
コインチェック
これからビットコインをはじめようとしている方に簡単で使いやすい取引所としてオススメなのがコインチェック(Coincheck)です。

コインチェックは簡単で使いやすい取引画面が評判であり、マネックス証券などを運営するマネックスグループの傘下に加わったこともあり、セキュリティ性も高く評価されている取引所になります。

取引所評価点[jinstar5.0]

詳細ページ公式ページ

[jin-rank2]2位:ビットコインの少額購入にオススメな取引所【DMMビットコイン】

DMMビットコイン

DMMビットコイン
DMMビットコインは国内の暗号資産取引所であり、ビットコインを含むアルトコインのFXができる取引所として有名です。

DMMビットコインでは最少0.001BTCからビットコインを購入することができるほか、一部の暗号資産の現物取引の手数料がすべて無料なため、少額で暗号資産を購入したい方や気軽に暗号資産をはじめたい方にオススメの取引所になります。

取引所評価点[jinstar4.5]

詳細ページ公式ページ

[jin-rank3]3位:ビットコインやアルトコインの板取引するならビットバンク
bitbank
ビットバンクはビットコインを含む取引ができる仮想通貨の種類も多く、仮想通貨における取引量は国内で1番となっている仮想通貨取引所になります。リップル(XRP)とライトコイン(LTC)に関して両方を板取引できる国内取引所はビットバンクのみという特徴もあります。

また、ビットバンクでは、アルトコインの板取引において、メイカー手数料がマイナス設定となっており、アルトコインの板取引においてはメイカーで取引すればするほど、資産が増えるというお得な仕組みとなっています。

取引所評価点[jinstar4.5]

詳細ページ公式ページ

ということでビットコインの仕組みや特徴などを簡単にわかりやすく説明しました。

これであなたもビットコイナーです!

>はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめて仮想通貨を買うならCoincheck!
ユーザー数195万突破!金融庁登録済の仮想通貨交換業者(2019年11月)。
東証一部上場企業のマネックスグループのグループ会社であるCoincheckは国内最大の11種類の仮想通貨を取り扱い、取扱通貨は全て500円から購入可能!
初心者でもスマホアプリから簡単取引可能と評判の取引所で仮想通貨アプリ国内最大の262万DLを突破した人気取引所です。
<取り扱い通貨>・ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リスク(LISK)・ファクトム(FCT)・ライトコイン(LTC)・イーサリアムクラシック(ETC)・モナコイン(MONA)・ステラルーメン(XLM)