ビットコイン

ビットコインのブロックチェーンとは【仕組みやサイズを解説】

ビットコイン画像

ビットコインが機能する上で欠かせない技術にブロックチェーン(分散型台帳技術)があります。

ブロックチェーンはビットコインで活用されたのを皮切りに様々な分野での活用を期待される技術です。

この記事ではビットコインにおけるブロックチェーンの仕組みやブロック情報の確認方法などを簡単に解説したいと思います。

ビットコインについて簡単に知りたい場合は【簡単】ビットコインの仕組み・特徴・購入方法を説明という記事をご覧ください。

ビットコインのブロックチェーンとは!?仕組みを簡単解説

ビットコインブロックチェーン

ビットコインは円などの法定通貨と比較して、ビットコインを管理する中央管理者(中央銀行など)が存在しません。

従来の通貨は取引の際に銀行など第三者機関が介入することで二重支払い防止や取引の記録をおこないます。

しかし、第三者機関が介入することで人的ミスやコストから国際送金手数料など割高になったり、着金までに時間が掛かってしまいます。

ビットコインでは、第三者機関の代わりに暗号技術やP2Pネットワーク、ブロックチェーンなどを活用して第三者の介入なしに取引当事者が直接取引できる仕組みを構築しています。

ビットコインにおけるブロックチェーンの主な役割は取引内容を記録し、取引を証明する台帳であることです。

簡単に解説するとブロックチェーンはトランザクションと呼ばれるビットコイン取引データを一定数格納します。

この格納したデータを『ブロック』と呼び、このブロックを必要プロセスを踏んで繋いだデータが『ブロックチェーン』になります。

ビットコインブロックチェーンの容量とサイズ

ビットコインのブロックチェーンでは、ブロックに格納できるデータの容量(サイズ)と新しいブロックが生成される時間がある程度決まっています。

ビットコインブロックチェーンのデータ容量(サイズ)と時間は下の表のようになっています。

データ容量(サイズ) 約1MB
ブロック生成時間 約10分

ビットコインブロックチェーンの概要がわかったところでもう少しビットコインブロックチェーンの仕組みを深掘りしてみましょう。

ビットコイン電子署名取引(トランザクション/ハッシュ)

ビットコイン電子署名

中央管理者が存在しないビットコインの取引(トランザクション)では、電子署名とハッシュ化という暗号技術を用いて取引されます。

ビットコインの取引をおこなう場合、自身の取引と次のビットコイン所有者の公開鍵をハッシュ化し、電子署名をおこないます。

ビットコインのハッシュ化に関してはビットコインのハッシュ関数とは?暗号技術ハッシュ関数について解説という記事にて解説しています。

これらの情報を次のビットコイン所有者に転送することで受取手は電子署名を検証します。

これらの情報があればビットコインの過去の所有権を確認することができます。

しかし、これだけでは異なる相手に同じビットコインを送金する二重支払いを防止することができません。

そこでビットコインではタイムスタンプサーバーという仕組みを導入しています。

二重支払いを防止する【タイムスタンプサーバー】

ビットコインブロック

タイムスタンプサーバーはハッシュ化されたビットコインの取引データを取得し、ビットコインP2Pネットワークに参加するノード(コンピューター)にハッシュ化された取引データを通知します。

このタイムスタンプサーバーによってタイムスタンプ時点で取引が存在した証明をすることが可能となり、二重支払いを防止することが可能となります。

ビットコインの整合性を検証するマイニング【Proof of Work】

ビットコインブロック

ビットコインでは、二重支払いを防止するタイムスタンプサーバーという仕組みを活用していますが、取引内容の改ざんなどの不正行為を牽制する施策も実装されています。

ビットコインでは、取引の内容を検証する『Proof of Work』というプロセスがあります。

これは別名『マイニング(採掘)』とも呼ばれています。

この『Proof of Work』というプロセスがあることによって、取引内容を改ざんしようとした場合、多大なコンピューターリソースを必要となる仕組みとなっており、経済合理性の観点から不正をはたらく者を牽制することができます。

ビットコインのマイニングについて詳しく知りたい場合はビットコイン(bitcoin)の採掘(マイニング)とは【簡単解説】という記事をご覧ください。

ビットコインのブロックチェーン情報を確認してみよう!

ビットコインブロックチェーン情報確認

最後になりますが、実際にハッシュ化されたビットコインブロックチェーン情報を確認する方法を紹介します。

ビットコインのブロックチェーン情報を確認する方法はいくつかありますが、オススメの確認方法として『BLOCK CHAIN』があります。

『BLOCK CHAIN』は日本語対応もしており、誰でも簡単にビットコインブロックチェーン情報の確認が可能です。

ぜひ、一度覗いてみてください!

>BLOCK CHAINはこちら

Bitcoinを投げ銭する