ビットコインは匿名で購入できる【結論!DEXなら可能】

ビットコインの購入には基本的に暗号資産取引所に登録し、購入するのが一般的ですよね。

現在、暗号資産取引所に登録するには身分証明書が必要となりますが、DEX(分散型取引所)という取引所では身分証明書の登録が必要なく、匿名でビットコインなどの暗号資産を購入することができます。

こちらでは従来のビットコイン購入やDEX利用した購入までわかりやすく解説します。

ビットコインは匿名で購入できる?【結論!DEXなら可能】

ビットコインイメージ

ビットコインを匿名で購入する方法としてDEX(分散型取引所)というものがあります。

国内で有名な暗号資産取引所Zaifビットバンクなどは会社という組織が運用していますが、DEXは従来の暗号資産取引所とは異なり、取引所を管理する組織が存在しない取引所になります。

そのため、従来の取引所のように身分証を登録する必要がなく、匿名でビットコインを購入することが可能となります。

組織や人を必要としないDEXはブロックチェーンという技術を活用することでシステムを維持していますが、ここでは仕組みについては割愛します。

DEXについてはブロックチェーンという仕組みやプログラムで稼働する暗号資産取引所と覚えておけばいいと思います。

次にビットコインを実質、匿名で購入できるDEXの簡単なメリットとデメリットについて紹介していきます。

DEX(分散型取引所)の利点と欠点

DEXはブロックチェーンの仕組みを活用することで人やサーバーを必要とせずに稼働する取引所なため、多くの利点を持っています。

匿名でビットコインなどの暗号資産を購入できることも利点ですが、そのほかにもサーバーや人が管理しないため運用コストが低く取引手数料が安く済みます。

※一部手数料が高いDEXも存在します。

そのほかにも自身で暗号資産ウォレット(秘密鍵含む)を管理するためハッキングのリスクが低いところもメリットです。

逆にDEXの欠点として、組織などの管理者が存在しないため何か問題が発生した際に保証等が無い点や使い方が難しいなどのデメリットがあります。

DEXについては以前分散型仮想通貨取引所【DEX】とは?従来の取引所と徹底比較!で詳しく解説しているので読んでみてください。

DEXでも本当の意味での匿名性は担保できない

ここまでビットコインを匿名で購入できるDEXについて簡単に説明してきましたが、本当の意味で匿名性高くビットコインを購入するのは個人的に難しいと思っています。

説明した通りDEX内でのビットコイン購入は身分証の登録なく、おこなうことができます。

しかし、現実として暗号資産を一度DEXに送金しなければならず、そのためには国内の取引所やウォレットを使用することになるため、誰がいくらビットコインをDEXに送金したか履歴を追うことができます。

そのため本当の意味で匿名でビットコインを購入することは難しいと思います。

ビットコインは購入は従来の取引所がオススメ

ここまで実質、匿名でビットコインを購入できるDEXについて簡単に解説してきました。

DEXも場合によっては使い勝手はいいですが、匿名でビットコインを購入するメリットはほぼありません。

これからビットコインの購入を考えている方にはやっぱり保証や使いやすさの観点から従来の取引所がオススメです。

ビットコインのトレードをする前に必要な事前準備【簡単解説】

>はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめて仮想通貨を買うならCoincheck!
ユーザー数195万突破!金融庁登録済の仮想通貨交換業者(2019年11月)。
東証一部上場企業のマネックスグループのグループ会社であるCoincheckは国内最大の11種類の仮想通貨を取り扱い、取扱通貨は全て500円から購入可能!
初心者でもスマホアプリから簡単取引可能と評判の取引所で仮想通貨アプリ国内最大の262万DLを突破した人気取引所です。
<取り扱い通貨>・ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リスク(LISK)・ファクトム(FCT)・ライトコイン(LTC)・イーサリアムクラシック(ETC)・モナコイン(MONA)・ステラルーメン(XLM)