仮想通貨BTTとは?ビットトレントの特徴・価格・取引所を解説

仮想通貨BTTはビットトレント(BitTorrent)社が発行する通貨(トークン)であり、ビットトレント社が開発する分散型コンテンツ(ファイル)共有システムに使用されます。

BTTやビットトレント社が開発するサービスはTRONというブロックチェーン(分散型台帳技術)上に開発され、すでに約1億人のユーザーを獲得しているサービスです。

こちらの記事では、ビットトレントの特徴や仮想通貨BTTの価格・購入方法など解説していきます。

仮想通貨BTTとは!?ビットトレントの価格・特徴・購入方法を解説

仮想通貨BTT(ビットトレント)の特徴・価格

通貨名称BitTorrentトークン/BTT
発行体BitTorrent(ビットトレント)社
ブロックチェーンTRON
公式サイトBitTorrent公式サイト
ホワイトペーパーホワイトペーパー

–仮想通貨BTTの現在価格–


まずはBitTorrent(ビットトレント)社の代表的なサービスについてなるべく簡単に説明していきます。

ビットトレント(BTT)のファイルダウンロードサービス

BitTorrent分散型ファイル共有サービス

ビットトレントは2001年にBram Cohenによって発明された先駆的な分散型通信プロトコルです。

私たちは基本的に中央サーバーからコンテンツ(ファイル)をダウンロードし、各Webサービスを利用していますが、この方式は大規模なファイルのダウンロードによる時間的ロスや既存ファイルの欠陥などに気がつかないなどのデメリットもあります。

ビットトレント通信方式では、中央サーバーは存在するものの、ファイルデータをネットワーク参加者が断片的に保有し、それぞれが接続(P2Pプロトコル)、共有することで必要なファイルを高速かつ欠陥なくダウンロードすることができます。

ビットトレント(BTT)のライブ動画配信サービス

ビットトレントライブ【BitTorrent Live】

ビットトレントはライブ動画配信サービス、ビットトレントライブ【BitTorrent Live】というサービスも提供しています。

ビットトレントライブ【BitTorrent Live】はライブ配信を通じて世界中の人がつながるソーシャルメディアプラットフォームであり、サービス内通貨として仮想通貨BTTが採用されています。

ビットトレントライブ【BitTorrent Live】についてはビットトレント(BTT)のライブ動画配信サービス【BitTorrent Live】とはという記事で紹介しています。

ビットトレントの3つの課題

ここまでビットトレントの特徴や価格など紹介してきましたがビットトレントの既存のサービスには主に3つの課題があります。

[box05 title=”ビットトレントの3つの課題”]

ユーザーはインターネット上のデジタルファイル(コンテンツ)を法定通貨で購入するのに消極的である。

ビットトレントの従来のプロトコルは構造的に非効率である。

ビットトレントでは最新技術を活用できておらず、最新技術(ブロックチェーン)を導入し市場を開拓する必要がある。

[/box05]

ビットトレントはTRONブロックチェーンを活用したアプリ開発、そして仮想通貨BTTを発行し活用することでこの課題を解決しようとしています。

仮想通貨BTTの活用とブロックチェーンによる課題解決

ビットトレントファイルダウンロードイメージ

BitTorrent(ビットトレント)はTRONのブロックチェーン技術を活用することでファイルコンテンツのクリエイター、プロバイダ、そして消費者の分散型ファイル共有システムを構築していきます。

ビットトレントの分散型ファイル共有システムは仮想通貨BTTを活用することで次のように機能します。

[box05 title=”ビットトレントの3つの課題解決”]

・消費者は仮想通貨BTTを支払うことでブロックチェーン上に管理されるファイルを高速でダウンロードし利用することができる。

・サービス提供者は、仮想通貨BTTを支払うことでブロックチェーン上のストレージを使用し、ファイルコンテンツを保管することができます。また、オンデマンド保存証明書を発行し、消費者にサービスを提供することが可能になり、仮想通貨BTTを受け取るほか、ブロックチェーンによるデータのリモートバックアップが可能。

・サービス消費者が提供者に代金を支払う分散型プロキシサービスを利用できる。

[/box05]

ビットトレントがもともと提供していたP2P方式の分散型通信プロトコルはブロックチェーンとの相性が良く、現在のサービスにブロックチェーンや仮想通貨などを活用することでサービスを拡張させることがビットトレントの目的です。

先ほども紹介しましたがビットトレントはファイル共有サービスやライブ動画共有サービスをリリースし、現在は仮想通貨BTTを決済に使用することができるGRIDカードサービスまで展開しています。

仮想通貨BTTが決済に使用できるGRIDカードについてはBTT(ビットトレント)の管理に便利なGRIDカードについて解説にて紹介しています。

次にビットトレントのサービスで使用することができる仮想通貨BTTの購入方法について解説していきます。

仮想通貨BTTの購入なら世界最大の取引所バイナンス

仮想通貨BTTは国内の仮想通貨取引所では取り扱っていないため購入することができません。

そのため海外の取引所にて購入する必要がありますが、おすすめは世界的に有名な海外取引所BINANCE(バイナンス)です。

–バイナンスでBTTを購入する方法–

  • 1.バイナンスおよび国内の取引所に登録する。
  • 2.国内取引所にてビットコインを購入し、バイナンスへ送金する。
  • 3.バイナンスにてビットコインとBTTを取引する。

世界屈指の取引所バイナンスについてはBINANCE(バイナンス)のメリットや口座開設を初心者向け解説で詳しく解説しています。

ビットトレントでは仮想通貨BTTをエアドロップしてる!

BitTorrent(ビットトレント)は将来、分散型ファイル共有サービスだけではなく、ファイルのストレージサービスなども展開していく予定です。

今後、ビットトレントのサービスが増えていくことで仮想通貨BTTを利用できるサービスが増えていくことが予想されます。

現在ビットトレントは仮想通貨BTTをより多くの人に届けるため仮想通貨BTTのエアドロップを実施しています。

仮想通貨BTTのエアドロップについてはBTT(ビットトレント)のエアドロップに参加する方法で詳しく解説しています。

興味のある方はぜひ参加してみてください!

>はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめて仮想通貨を買うならCoincheck!
ユーザー数195万突破!金融庁登録済の仮想通貨交換業者(2019年11月)。
東証一部上場企業のマネックスグループのグループ会社であるCoincheckは国内最大の11種類の仮想通貨を取り扱い、取扱通貨は全て500円から購入可能!
初心者でもスマホアプリから簡単取引可能と評判の取引所で仮想通貨アプリ国内最大の262万DLを突破した人気取引所です。
<取り扱い通貨>・ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リスク(LISK)・ファクトム(FCT)・ライトコイン(LTC)・イーサリアムクラシック(ETC)・モナコイン(MONA)・ステラルーメン(XLM)