ブロックチェーンとは【図解でわかりやすく解説】

ブロックチェーンとは、次世代のデータベース技術です。

別名『分散型台帳技術』と言われるブロックチェーンは様々な分野のサービスや製品に活用されていますが、どのような仕組みでどのように活用されているのかは良く知られていません。

こちらの記事ではブロックチェーンの仕組みや活用事例を図解でわかりやすく解説します。

ブロックチェーンとは【図解でわかりやすく解説】

ビットコインの仕組みを図解で解説【ブロックチェーンとは】

ブロックチェーンとは日本語で『分散型台帳』と呼ばれる技術であり、ビットコインを開発する過程で生まれた技術です。

ブロックチェーンはデータベースの一種であり、中核技術としてビットコイン以外の分野でも多く活用されています。

そのためブロックチェーンとはデータを記録し、そのデータを必要に応じて活用できる技術です。

データベースについて知りたい方はそもそもデータベースってなに?基礎や種類をわかりやすく解説を読んでみてください!

ブロックチェーンとは

ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ。各ブロックには、タイムスタンプと前のブロックへのリンクが含まれている。理論上、一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に変更することはできない。ブロックチェーンデータベースは、Peer to Peerネットワークと分散型タイムスタンプサーバーの使用により、自律的に管理される。フィンテックに応用されるケースでは独占や資金洗浄の危険が指摘されることもある。

出典: Wikipediaより

ここからはブロックチェーンの仕組みをわかりやすく図解で解説していきます。

ブロックチェーンの仕組みを仮想通貨で解説【図解】

ブロックチェーンは様々な分野で開発・活用されるため、その分野によって仕組みが多少異なります。

こちらではブロックチェーンをわかりやすく理解するためにブロックチェーン技術の原型である仮想通貨『ビットコイン』をもとに図解を交えながら解説していきたいと思います。

ブロックチェーンではデータが格納される箱を『ブロック』と呼び、それらを時系列でチェーン状に記録することからブロックチェーンと呼ばれています。

記事の冒頭でブロックチェーンとはデータを記録し、そのデータを必要に応じて活用する技術と紹介しましたが、仮想通貨ビットコインのブロックチェーンではビットコインの取引履歴・取引された時間・前のブロックデータへのリンクをブロックへ記録します。

ビットコインブロックチェーン

ここでデータを記録するだけなら従来のデータベースで十分ではないかという疑問が湧きます。

従来のデータベースと異なる点としてブロックチェーンはP2Pネットワークやタイムスタンプ、合意形成アルゴリズムなどの技術を活用することでデータを分散的に管理したり、より分散的かつセキュリティ性を向上させることができます。

下のものは従来のデータベースと比較したブロックチェーンの特徴をまとめたものになります。

[box02 title=”ブロックチェーンの特徴”]
  • ブロックチェーンに記録されるデータは改ざんがほぼ不可能である。
  • ブロックチェーンを構成するCPUが一定数故障しても稼働することができる。
  • ブロックチェーンはサーバー型と異なり、分散型のデータベースのためシステム障害などが起きない。
[/box02]

よりビットコインのブロックチェーンについて詳しく知りたい方はビットコインのブロックチェーンとは【仕組みやサイズを解説】という記事をご覧ください。

ブロックチェーンの仕組みについて少し理解できたところで、ビットコイン以外のブロックチェーン活用事例を紹介したいと思います。

そのほかのブロックチェーン活用【物流・電気・医療】

ブロックチェーン活用事例

【IBM】ブロックチェーンを物流に活用する

IBMブロックチェーン物流

世界的に有名な企業『IBM』でもブロックチェーンの活用を進めています。

IBMでは特に物流に着目し、サプライチェーンにおけるあらゆるソリューションにブロックチェーンを活用しようと考えています。

例えば食品の産地などのトレーサビリティや透明性は物流の基盤の一つですが、ブロックチェーンを活用することで取引の最適化をはかることができます。

ほかにも在庫管理や資産利用率など物流におけるブロックチェーンソリューションは大きなインパクトを与えます。

>IBMのブロックチェーン情報へ

【トヨタ】ブロックチェーンを電気に活用する

Wepowerブロックチェーンを電気産業へ

日本を代表するトヨタ自動車は東京大学や電力小売会社TRENDEなどと共同でブロックチェーンを活用し、個人間で電力(電気)取引する実験を開始しています。

電気自動車やスマートホームなど電力の需要が増していく中で個人間での電力取引は需要があります。

しかし、個人間の電力取引には取引の記録や契約の実行など様々なハードルが伴っていましたが、ブロックチェーンやスマートコントラクトを活用することで解決できます。

海外でもWepowerという企業がブロックチェーンを活用した電気エネルギーの取引事業をおこなっています。

>Wepower公式サイトへ

【Medobloc】ブロックチェーンを医療に活用する

医療データをブロックチェーンで管理『medibloc』

韓国発の医療ベンチャー『Medobloc』では、患者本人が自身の医療データを管理し、利用することができます。

現在の病院では、患者の医療データを病院側で共有するのに時間が掛かるため、突発的な疾患が発生した際にすぐに過去の医療データを活用することができません。

しかし、患者の医療データをブロックチェーンで管理することにより、突発的な疾患に対する迅速な対応や疾患の予測などが可能になります。

>Medobloc公式サイトへ

ブロックチェーン総括

ここまでブロックチェーンの仕組みや活用事例などを紹介してきました。

ブロックチェーンは活用事例で紹介したように様々な分野に活用できる技術です。

今後もブロックチェーンを活用したプロダクトやサービスが普及していくことでしょう。

>はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめて仮想通貨を買うならCoincheck!
ユーザー数195万突破!金融庁登録済の仮想通貨交換業者(2019年11月)。
東証一部上場企業のマネックスグループのグループ会社であるCoincheckは国内最大の11種類の仮想通貨を取り扱い、取扱通貨は全て500円から購入可能!
初心者でもスマホアプリから簡単取引可能と評判の取引所で仮想通貨アプリ国内最大の262万DLを突破した人気取引所です。
<取り扱い通貨>・ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リスク(LISK)・ファクトム(FCT)・ライトコイン(LTC)・イーサリアムクラシック(ETC)・モナコイン(MONA)・ステラルーメン(XLM)