ブルゼル【Bluzelle】のデータベース問題に対するアプローチ

更新日:2018/6/13

こんにちはshoto です。

近年、IT(情報技術)が急速に発展しており、年々膨大な量のデータが生まれ、管理、保存されています。

AI(人口知能)やIOT(Internet of Things)、暗号資産イーサリアムなどのDApps(分散型アプリケーション)開発プラットフォームなどといった、新たなテクノロジーにより生成されるデータの量は飛躍的に増えています。

そして現在、そのデータはクラウドデータベースに管理、保存し、利用するケースが一般的となっていますが、このままデータ量が増え続けると従来の方式ではリソース不足となってしまいます。

そのため、新たなデータベースの準備が急務とされ、分散型データベース、ブルゼル(Bluzelle)が立ち上がりました。


ブルゼルは現状のデータストレージ問題に対しブロックチェーン技術を活用したソリューションを提供します。

この記事では現状のデータベース問題とそれに対するブルゼル(Bluzelle)ソリューションについて解説したいと思います。

暗号資産ブルゼル(Bluzelle)解説記事はこちら

要点【現在のデータベース問題と対するブルゼルのアプローチ】

  • DApps(分散型アプリケーション)開発プラットフォームなどの最新テクノロジーに対するデータベースソリューションが現状存在ない。
  • 現代のデータベース問題として、単一管理リスク、プライバシー欠如、高コスト拡張などがある。
  • ブルゼルは解決策としてブロックチェーンや暗号技術を活用した分散型データベースを開発している。

現状のデータベース問題


データベース問題

現代におけるデータの管理、保存方式として広く知られているのはクラウドと呼ばれるデータベース方式です。

ここでは現状のクラウドデータベースの問題をご紹介したいと思います。

データ量増大によるパフォーマンス低下

2018年から2023年の5年間でデータを扱うデバイスは200億を超えると予測され、日々様々なデータを生成しています。

それらのデータを管理、保存し、ビックデータをAI(人工知能)などが分析することで様々な分野が飛躍的進化していくとされています。

しかし、現状はデータベースの処理速度が追いつかず、膨大なデータのリアルタイム処理が不可能であるばかりか、データ保管スペースにも限りがある状況です。

単一管理による障害発生

現在ユーザーはIaaS(ハードウェアリソースであるCPU/メモリ/ストレージをオンデマンド提供)やPaaS(アプリケーションなどを実行するためのプラットフォームをオンデマンド提供)などをクラウドサービスで利用し、第三者組織にデータを保管します。

そのため、CPUやメモリの破損によりサービスが停止することや、ハッキング(クラッキング)などによりデータの消失や書き換えなどのリスクがともないます。

プライバシーの欠如

また、個人情報などもクラウドデータベースで管理、保存しています。

近年、度々ニュースになりますが、プライバシー情報を企業などで共有していたり、または情報が漏洩してしまう点も大きな問題の一つです。

高価格な拡張機能

前述した通り、一部のクラウドデータベースサービスには保管スペースが限られます。

管理スペースの向上やセキュリティ機能向上など機能を拡張させる多くの場合、高いコストが掛かってしまうこともあります。

ブルゼル【Bluzelle】データベースソリューション

ブルゼルでは現況のデータベース問題に対し、ブルゼルのネットワークに参加するコンピュータをデータベースのリソースとして活用し、なおかつブロックチェーン技術によりデータの不可逆性を保証することで解決します。

分散化されたデータベース


ブルゼルブロックチェーン

ブルゼルでは、ブルゼルネットワークに参加する世界中のコンピュータをデータベースとして活用することで、分散型データベースを実現します。

これにより、災害やハッキングなどによるサービス停止を無くし、24時間データベースへアクセスが可能となり、結果として単一管理問題を解決します。

データベース方式として、保管先コンピュータは複数台でグループ化しデータを複製管理するため、一台がダウンしてもデータベースは停止しません。

また、データはシャーディング(複数のコンピュータに分散管理)および暗号技術により保存、管理されるためプライバシーが保証されます。

そして何より、世界中に分散されたコンピュータがデータベースとして機能するためデータセンターを運営する必要がなく、低コストで利用することができます。


ブルゼルソリューション

DApps時代の分散型データベースBluzelle

以上がブルゼルのデータベースソリューション解説でした。

ブルゼルは過去に暗号資産リップルの開発も手掛け、技術的に優れた企業です。

多くの投資ファンドからの資金調達にも成功しており期待値の高い企業だということがわかります。

現代のデータベース問題を解決してくれるソリューションだと信じています!

>はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめて仮想通貨を買うならCoincheck!
ユーザー数195万突破!金融庁登録済の仮想通貨交換業者(2019年11月)。
東証一部上場企業のマネックスグループのグループ会社であるCoincheckは国内最大の11種類の仮想通貨を取り扱い、取扱通貨は全て500円から購入可能!
初心者でもスマホアプリから簡単取引可能と評判の取引所で仮想通貨アプリ国内最大の262万DLを突破した人気取引所です。
<取り扱い通貨>・ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リスク(LISK)・ファクトム(FCT)・ライトコイン(LTC)・イーサリアムクラシック(ETC)・モナコイン(MONA)・ステラルーメン(XLM)