BTT(ビットトレント)の管理に便利なGRIDカードについて解説

TRONブロックチェーン上に開発されるビットトレント(BTT)は様々なコンテンツ(テキスト/動画/音声)を共有できるプラットフォームです。

ビットトレントのサービス内では使用される通貨として暗号資産BTTが使用されますが、BTTの便利な管理方法として『GRIDカード』があります。

GRIDカードはトロン(TRX)やBTTなどの暗号資産をコールドストレージで管理できる便利カードです!

この記事では暗号資産BTTをGRIDカードで管理する魅力を紹介します。

ビットトレント(BTT)について詳しく知りたい方はビットトレントの仮想通貨BTTから使い方まで【簡単解説】という記事を読むとこの記事をスムーズに読めます!

BTT(ビットトレント)の管理に便利なGRIDカードとは

仮想通貨bttをGRIDカードで管理するメリット

暗号資産BTTやTRXを決済に使用できる『GRIDカード』

GRIDカードはBTTやTRXなどの暗号資産や仮想通貨を誰でも簡単に保管することが可能なカードになります。

GRIDカードは暗号資産や仮想通貨の管理だけではなく、暗号資産を支払いに使用することもできます。

従来の暗号資産/仮想通貨ウォレットでの管理・支払いでは、ある程度知識のある人にしか使いこなすことができなかったのですが、GRIDカードはクレジットカードのように簡単に使えるのが特徴です。

下の動画は実際にGRIDカードで支払いをする動画ですが、いかに使いやすいかがわかります。

GRIDカードのセキュリティは大丈夫!?

暗号資産といえばハッキングや不正アクセスなどを思い浮かべる方も少なくありません。

そこで気になるのがセキュリティですよね。

GRIDカードでは秘密鍵の管理を含む独自のソリューションを使用することでGRIDカードは暗号資産/仮想通貨のコールドストレージとして機能します。

一般的にいうコールドストレージとはインターネットから遮断された環境で仮想通貨を引き出すのに必要な秘密鍵などを管理する方法をいい、オフライン環境での管理のため不正アクセスなどのリスクが低く、セキュリティ性が高いという業界認識があります。

GRIDカードではこのコールドストレージでユーザーの資産を管理するため、ユーザーは安心してGRIDカードを利用することができます。

GRIDカードならBTTをエアドロップで受け取れる

GRIDカードで暗号資産を管理する魅力はセキュリティや利便性だけではありません。

例えばGRIDカードで暗号資産TRXを管理すると暗号資産BTTをエアドロップで受け取ることができます。

エアドロップとは無料で暗号資産を配布され、受け取ることができる仕組みです。

このように特定の暗号資産を管理するだけで暗号資産が増えていくのもGRIDカードの魅力でもあります。

暗号資産BTTのエアドロップ詳細についてはこちらのBitTorrent Foundation unveils more details regarding BitTorrent (BTT) airdrops for TRON (TRX) holders.で詳しく解説されています。

ということで暗号資産BTT(ビットトレント)管理に便利なGRIDカードについて紹介しました。

GRIDカードは今後もサポートする暗号資産を増やしていく可能性があります。

暗号資産の支払いや管理に使用できて、エアドロップも受け取ることができるGRIDカードに注目ですね。

>はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめて仮想通貨を買うならCoincheck!
ユーザー数195万突破!金融庁登録済の仮想通貨交換業者(2019年11月)。
東証一部上場企業のマネックスグループのグループ会社であるCoincheckは国内最大の11種類の仮想通貨を取り扱い、取扱通貨は全て500円から購入可能!
初心者でもスマホアプリから簡単取引可能と評判の取引所で仮想通貨アプリ国内最大の262万DLを突破した人気取引所です。
<取り扱い通貨>・ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リスク(LISK)・ファクトム(FCT)・ライトコイン(LTC)・イーサリアムクラシック(ETC)・モナコイン(MONA)・ステラルーメン(XLM)