コールドウォレットとは?仮想通貨を安全に管理するオフライン財布

[chat face=”1667fa0be80bbbb9148c27142b31122e.png” name=”しょうと” align=”left” border=”yellow” bg=”none”] どうもshoto です![/chat][chat face=”1667fa0be80bbbb9148c27142b31122e.png” name=”しょうと” align=”left” border=”yellow” bg=”none”]暗号資産を管理する際にコールドウォレットという言葉を耳にしたことはありませんか?[/chat][chat face=”1667fa0be80bbbb9148c27142b31122e.png” name=”しょうと” align=”left” border=”yellow” bg=”none”]コールドウォレットとはオフライン上で暗号資産ウォレットの秘密鍵を管理することをいいますが、いまいち分からないという方も多いと思います。[/chat][chat face=”1667fa0be80bbbb9148c27142b31122e.png” name=”しょうと” align=”left” border=”yellow” bg=”none”]そこでこの記事ではコールドウォレットの概要から種類までをわかりやすく解説していきたいと思います。[/chat]

コールドウォレットとは

コールドウォレット

コールドウォレットとはインターネットから切り離したオフラインのウォレットをいい、ホットウォレットと呼ばれるウォレットはインターネットと繋がった環境でウォレットの秘密鍵を管理しますが、コールドウォレットではインターネットから切り離した環境で秘密鍵を保管します。

コールドウォレットの代表的な種類として『ペーパーウォレット』および『ハードウォレット』というものがあり、現在、暗号資産ウォレットの秘密鍵を管理する手法で最も安全な手法とされています。

その安全とされる理由にはコールドウォレットには以下のようなメリットがあるためです。

コールドウォレットのメリット

コールドウォレットではインターネットに接続されていない媒体に秘密鍵を格納するため、不正アクセス、サイバーハック、およびインターネットに接続されたシステムからの脆弱性からウォレットを保護することができます。

ただし、コールドウォレットにもデメリットが存在します。

コールドウォレットのデメリット

コールドウォレットはオフライン上で秘密鍵を保管しセキュリティを担保しますが、その物理的な保管方法が仇となり、紛失、デバイスの接続不能、故障などでウォレットにアクセスできなくなる場合があります。

コールドウォレットの種類

次にコールドウォレットで代表的な『ペーパーウォレット』と『ハードウォレット』について説明していきます。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは公開鍵と秘密鍵が書かれた単なる文書になります。文章は、ビットコインペーパーウォレットツールなどからプリンタで印刷することができます。ペーパーウォレットや書類にはQRコードが埋め込まれており、それをスキャンして電子署名することで簡単に取引を行うことができます。


ハードウォレット

ハードウォレットはデバイスやカードを使用して秘密鍵をオフライン上で生成するウォレットをいいます。

デバイスはUSBのようなもので、秘密鍵を生成するにはコンピュータと専用アプリケーションが必要になるのが一般的です。

有名なハードウォレットブランドにTrezorやLedger Nano Sなどがあります。


TREZOR(トレザー)


Ledger Nano S(レジャーナノエス)

[chat face=”1667fa0be80bbbb9148c27142b31122e.png” name=”しょうと” align=”left” border=”yellow” bg=”none”]ということでコールドウォレットの概要から種類まで解説しました。[/chat][chat face=”1667fa0be80bbbb9148c27142b31122e.png” name=”しょうと” align=”left” border=”yellow” bg=”none”]最近ではSBIホールディングスの傘下であるSBI BITSが専用アプリに連動するカード型ハードウォレットをリリースしており、コールドウォレットの利便性も向上しています。[/chat]
SBIハードウォレット
[chat face=”1667fa0be80bbbb9148c27142b31122e.png” name=”しょうと” align=”left” border=”yellow” bg=”none”]現在、国内からもこういったデバイスがどんどん開発されているので、とても楽しみですね![/chat]



>はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめて仮想通貨を買うならCoincheck!
ユーザー数195万突破!金融庁登録済の仮想通貨交換業者(2019年11月)。
東証一部上場企業のマネックスグループのグループ会社であるCoincheckは国内最大の11種類の仮想通貨を取り扱い、取扱通貨は全て500円から購入可能!
初心者でもスマホアプリから簡単取引可能と評判の取引所で仮想通貨アプリ国内最大の262万DLを突破した人気取引所です。
<取り扱い通貨>・ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リスク(LISK)・ファクトム(FCT)・ライトコイン(LTC)・イーサリアムクラシック(ETC)・モナコイン(MONA)・ステラルーメン(XLM)