BLOG(小ネタ)

クロスチェーンとは?2つの種類と活用事例をサクッと解説!

どうもshoto です。

ブロックチェーン技術を活用した通貨として仮想通貨が誕生しましたが、多くの仮想通貨は独自のブロックチェーン上に開発されるため、オフチェーン(ブロックチェーン外部)での取引になります。

そのため、取引においてセキュリティリスクや手数料が高く、ブロックチェーンの非可逆的取引記録は成されていません。

そこでそれらの問題の解決策として誕生したものが「クロスチェーン」です。

この記事ではクロスチェーンの概要や種類、活用事例などを簡単に解説していきたいと思います!

クロスチェーンについて

クロスチェーン

クロスチェーンとは異なるブロックチェーンをまたぐ、もしくは繋ぐことを言います。

例えるなら、イーサリアムビットコインのブロックチェーンは繋がっていません。

そのため、本来はビットコインやイーサリアムを交換できないんです!

しかしながら、仮想通貨取引所ではビットコインとイーサリアムを取引することができますよね?

それは、イーサリアムブロックチェーンとビットコインブロックチェーンの間に仮想通貨取引所が橋渡し役として機能しているから異なるブロックチェーンの通貨を取引することができているんです。

ありがたや。

しかし、この方法の取引はオフチェーンでの取引、つまりブロックチェーンには取引記録がされない上に、取引所に資産を預けるためハッキングなどのリスクも伴います。

なのでブロックチェーンに記録される形で通貨を取引したいと思いますよね?

そこでクロスチェーンなんです!

クロスチェーンを活用し、イーサリアムブロックチェーンとビットコインブロックチェーンを繋ぐことでブロックチェーンへの取引記録、第三者が介入しない安全な取引を実現できます。

それでは次にクロスチェーン取引と種類について解説していきます!

クロスチェーンでの取引と種類

先ほどクロスチェーンでは異なるブロックチェーンを繋ぎ、通貨を取引することができると説明しました!

異なるブロックチェーンの通貨を取引するにはすでにいくつか方法がありますが、ここでは2つの方法を紹介していきたいと思います。

1つはバリューチェーンインター、もう1つがテクノロジーチェーンインターです。

バリューチェーンインター

バリューチェーンインターは分散型取引所(DEX)によりチェーンインター取引が実行されます。

イーサリアム上のDEXで代表されるEtherDeltaはスマートコントラクトを活用してトークンの取引を行います。

このように、従来の仮想通貨取引所という第三者が介入するプラットフォームをスマートコントラクトなどのプログラムで構築してしまうのです!

要するに自律的に機能する取引所を構築し、取引するということです。

分散型取引所DEXについては分散型仮想通貨取引所【DEX】とは?従来の取引所と徹底比較!で詳しく解説しています。

テクノロジーチェーンインター(アトミックスワップ)

テクノロジーチェーンインターの例としては、チェーンインターアトミックスワップ取引があります。

こちらはマルチシグやHTLCなどの技術を活用し、ブロックチェーン間取引を行います。

ただし現状は同一ハッシュ関数であること、デジタル署名が可能、CLTVなどタイムロックが使用可能であることなど、アトミックスワップを利用するにはメインチェーンに制約があります。

しかしこの方法はすでに成功事例があり、ビットコインとライトコインの異なるブロックチェーンをオンチェーン取引することに成功しています。

アトミックスワップについてはアトミックスワップとは?仮想通貨をトラストレスに取引できる仕組みで一例を詳しく解説しています。

ということでクロスチェーンについて簡単に説明しました!

現在はPolkadotCosmosというクロスチェーンプラットフォームも開発されてきています。

今後は制約関係なくブロックチェーンが繋がり取引できれば、NEMモザイクとイーサリアム上のトークンが取引できるようになるかも知れません。

そうなれば基軸通貨であるビットコインやUSDTなどの役割は減り、別の存在として機能する可能性も出てきそうです。(例えばデジタルゴールドです。)

クロスチェーンはブロックチェーンをアップデートする!

see you next time.


記事にBitcoinを投げ銭する!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。