暗号資産のトレードに役立つ取引方法やコツまとめ【初心者向け】

暗号資産トレードをはじめる前に事前知識として最低限おさえておきたいのがトレード方法やトレードのコツです。

ひとえにトレード方法やコツといっても様々なものがありますが、ここではトレードの際に最低限知っておきたいトレード方法やコツを紹介します。

[box02 title=”この記事でわかること”]

トレードの方法:取引する期間(スパン)別のトレード方法

トレードのコツ:テクニカル分析について

[/box02]

暗号資産トレードに役立つ方法やコツまとめ

ビットコインスマホイメージ

基本的に暗号資産や株においてトレードする時間や期間というものを設けるのが一般的です。

例えば1分間の間に取引をするのか、1日間か1ヶ月間なのか、トレードする期間や時間によってトレードで重要や手法や考え方が異なります。

下の表はトレードの時間/期間別のトレード方法になります。

名称トレード時間(期間)の目安
スキャルピング数秒~数分
デイトレード数分〜1日
スイングトレード1日〜数週間
ポジショントレード数週間〜数年

ここでは暗号資産トレードの方法としてトレードする時間や期間を種類別に紹介していきたいと思います。

暗号資産トレード方法1.スキャルピング

スキャルピングとは、少ない利幅を狙って数秒~数分間の間に何度もトレードする方法になります。

スキャルピングの特徴として、少ない利幅でも何度も取引することで少ない時間で多くの利益が得られるのが特徴です。

そのためどんな暗号資産でもいつでもどこでも少ない時間で利益を得ることができます。

しかし、その反面少ない時間で大きな損失を招く場合もあるので注意が必要です。

暗号資産トレード方法2.デイトレード

暗号資産のデイトレードはスキャルピングとは違い一日単位でトレードする方法を言います。

そのためスキャルピングのように常時価格の推移を追う必要はなく、仕事の休憩時間や朝などに戦略をたて、注文を入れておくだけでトレードが完結します。

利確(利益を確定するポイント)や損切りの注文を入れておくことで、システムが自動的に取引をしてくれる方法もあります。

暗号資産トレード方法3.スイングトレード

スイングトレードとは、数週間または数ヶ月間の間にトレードをおこなう方法でこの期間中はずっと暗号資産を保有しておきます。

スイングトレードは短期トレードに分類されますが、小まめに価格チャートをチェックする必要はありません。

スキャルピングやデイトレード、スイングトレードは短期トレードに分類され、基本的に経済的な動向よりも買いと売りの量から需要の動向を判断したり、市場の心理を読むのが重要となるトレードになります。

暗号資産トレード方法4.ポジショントレード

ポジショントレードは長期トレードに分類されるトレード方法で数週間~数ヶ月、または数年間、暗号資産を保有します。

ポジショントレードは、短時間や短期間での判断が必要なく、初心者や価格変動の激しい暗号資産に向いているトレード方法です。

またトレード回数が少なく済むため手数料があまり掛からないなどのメリットがあります。

しかし、長期でのトレードになるため経済的動向に注意しなければならない点や利益を得るのに時間が掛かります。

次に暗号資産トレードのコツについて紹介していきたいと思います。

暗号資産トレードのコツ:テクニカル分析について

リップルトレード画面(テクニカル分析)

暗号資産トレードをこれからはじめる人が最低限知っておきたいコツとしてテクニカル分析があります。

テクニカル分析は株や為替(FX)のトレードにも活用される分析方法ですが、暗号資産にも活用することが可能です。

テクニカル分析を活用する

テクニカル分析とは株や暗号資産などの取引市場で過去の価格データや取引出来高などから将来の価格を予測する分析方法をいいます。

テクニカル分析手法は多く存在するため、ここでは1つ1つ詳しく紹介していくことはできないのですが代表的なものを下の表にまとめておきます。

テクニカル分析手法概要
MACD二つの指標をもとに売買のタイミングを判断することができる
RSI一定期間内の取引における買われすぎ売られすぎを判断することができる。
DMI/ADX 前日の高値・安値と当日の高値・安値からトレンドの方向性を判断することができる。

暗号資産をトレードすることができる取引所の多くはこのテクニカル分析機能をユーザーに提供しています。

テクニカル分析は損失を少なくする上でも重要なツールになるのでしっかり活用していきましょう。

ここでテクニカル分析を使用できるオススメの暗号資産取引所を紹介します。

暗号資産取引所:GMOコイン

GMOビットコインFXのチャート画面

GMOコインでは暗号資産のトレードにおいて様々なテクニカル分析やチャート分析ツールを利用することができます。

下の表はGMOコインで利用することのできるチャート・テクニカル分析ツールになります。

チャート分析テクニカル分析
単純移動平均線MACD
指数平滑移動平均線RSI
ボリンジャーバンドDMI/ADX
一目均衡表RCI
平均足

GMOコインはFXや現物取引など取引方法も複数選ぶことができるのも魅力で入金・出金手数料も無料となっています。

そしてGMOなら最短1日で取引可能なのですぐにでも暗号資産のトレードを始めたい方におすすめです。

GMOコインが暗号資産のトレードにオススメな理由はビットコインFXならチャート機能が充実してるアプリ【ビットレ君】でわかりやすく解説しています。

GMOコインはこちら

暗号資産トレードではリスクヘッジが大切

暗号資産をトレードする際にコツやトレード方法よりも重要なのはリスクヘッジです。

トレードでは絶対勝てる方法は存在しません。

そのため利益を増やすというより、いかに損失を少なくできるかの方が重要です。

しっかり運用できる資金でトレードしましょう。

>はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめて仮想通貨を買うならCoincheck!
ユーザー数195万突破!金融庁登録済の仮想通貨交換業者(2019年11月)。
東証一部上場企業のマネックスグループのグループ会社であるCoincheckは国内最大の11種類の仮想通貨を取り扱い、取扱通貨は全て500円から購入可能!
初心者でもスマホアプリから簡単取引可能と評判の取引所で仮想通貨アプリ国内最大の262万DLを突破した人気取引所です。
<取り扱い通貨>・ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リスク(LISK)・ファクトム(FCT)・ライトコイン(LTC)・イーサリアムクラシック(ETC)・モナコイン(MONA)・ステラルーメン(XLM)