その他

仮想通貨のカストディについて概要やサービスをわかりやすく解説!

しょうと
しょうと
どうもshoto です!
しょうと
しょうと
日本では資産としての暗号資産認識が未だに低いと思いますが、海外ではETF認証議論や有価証券として取り扱うための法整備が着々と進んでいます。
しょうと
しょうと
そういった意味では単なる通貨だけではなく、資産という認識が徐々に広まりつつあると言えるのではないでしょうか?
しょうと
しょうと
最近では、暗号資産の資産認識が広まるにつれ、セキュアな側面、運用側面で暗号資産の管理を代行して行う、いわゆる『カストディサービス』が増えてきています。
しょうと
しょうと
そこでこの記事では改めてカストディとはどういったサービスなのか、暗号資産市場ではどういったカストディサービスが存在するのかをわかりやすく解説していきます。

カストディとは

カストディとは主に有価証券投資の際に使用される言葉で、資産家や投資家の資産を代わりに運用・管理するサービスを言います。

カストディとは「保管」を意味し、有価証券投資の際に、証券の保管、管理を行う業務のこと。カストディ業務を行う機関はカストディアンと呼ばれ、カストディアンの役割は、証券の保管業務だけではなく、元利金や配当金の受領、運用資産の受渡し決済、運用成績の管理等多岐にわたる。特に海外の複数の国の有価証券に関する決済保管業務を一括して取り扱う機関のことをグローバルカストディアンと呼ぶ。

sauce of text:みずほ総合研究所

暗号資産のカストディサービス

暗号資産カストディ

暗号資産のカストディサービスは主に以下の3つに分類されます。

暗号資産取引所管理 暗号資産取引所が暗号資産資産の管理運用を代行する形態。
第三者管理 暗号資産のセキュリティ・運用の専門家が管理運用を代行する形態。
自己管理 自分自身で管理運用する形態。

今後、暗号資産をサービスに採用する流れや投資を促進する業界共通意識を考えると、カストディサービスのような管理・運用サービスは重要な位置付けとなってきます。

近年不正アクセスによる暗号資産の流出などを考慮すると余計にそう思えます。

次に暗号資産の3つのカストディサービスをより詳しく説明していきたいと思います。

暗号資産取引所によるカストディ

暗号資産は現在、暗号資産取引所にて法定通貨と暗号資産を交換することで保有することができます。

暗号資産取引所によるカストディとは暗号資産をそのまま取引所に預け、管理してもらう方法です。

暗号資産取引所とはBinanceCoinbaseなどを指します。

サードパーティによるカストディ

第三者(サードパーティ)によるカストディサービスでは、一定の技術的、セキュア的基準を満たした暗号資産カストディ専門家が暗号資産の管理・運用を代行する形態です。

専門家に託すという意味で暗号資産を厳重に管理したい時や個人で管理するリテラシーがない人には需要があるように思えます。

サードパーティの暗号資産カストディサービスを提供する企業としてBitG0Coinbase custodyなどがあります。

暗号資産のセルフカストディ

最後にセルフカストディですが、その名の通り自分自身で暗号資産を自己管理する方法です。

手法として、コミュニティによって開発された暗号資産ウォレットやハードウォレットを購入し暗号資産を自己管理します。

代表的なウォレットとしてMyether Wallet、ハードウォレットとしてLedger NanoSなどがあります。

しょうと
しょうと
ということでカストディ、カストディサービスについて解説してきました。
しょうと
しょうと
今後、暗号資産が資産クラスに一般的な認識として位置付けされてくるとカストディサービスの需要も伸びていくと思います。
しょうと
しょうと
暗号資産は有価証券と同様に保管や運用方法も多様化していきそうですね!

記事にBitcoinを投げ銭する!