暗号資産のコト

分散型仮想通貨取引所【DEX】とは?従来の取引所と徹底比較!

どうもShoto です。

みなさん、暗号資産取引所には中央集権型の管理者(企業)が運営する取引所とDEX(分散型取引所)という管理者が存在しない取引所に分類されることをご存知でしょうか?

利用するにあたり、どちらにもメリットとデメリットがあるのですが、今回はDEX(分散型取引所)について従来の取引所と比較しながら紹介したいと思います。

要点
  • DEXはサーバーを必要としない、ブロックチェーン上に構築される取引所。
  • DEXはハッキングリスク、規制リスクが低い。
  • DEXなら秘密鍵や暗号資産を自身で管理できる。
  • 24時間365日ダウンタイム無しで利用する事ができる。
  • 最近ではオフチェーンを活用して、手数料が非常に安く取引できるものがある。
  • DEXは保証が無いなどのデメリットもある。

DEX(分散型取引所)とは?


DEX
DEXとはDecentralized Exchange(分散型取引所)の略で、BitflyerやZaifなど管理者が存在する中央集権的な取引所に対して、DEXは管理者が存在しません。

「どういうこと?」と思う方も多いと思いますので、従来の取引所の説明を交えながら説明したいと思います。

中央集権型取引所の仕組み

中央集権型取引所とはBitflyerやZaifなど企業などが取引所の運営、管理をしている取引所をいいます。

中央集権型取引所を利用する際には、KYC(顧客情報)を登録し、取引所内にウォレットを作成して、暗号資産や法定通貨を預けて取引や管理を行います。

そのため、ウォレットにアクセスする際の秘密鍵や自身の暗号資産の管理などは取引所に任せている形となります。

中央集権型取引所の場合、保証などの充実や利便性が高い反面、規制やハッキングのリスクが高い特徴があります。

以前Coincheckが約580億円ものXEMを流出した大規模な不正アクセスも、1つのウォレットに顧客全体のXEMを管理していた事が損害を大きくした理由でもあります。

なので自分のデジタル資産は自身で管理、取引したいというニーズが増えてきています。

DEX(分散型取引所)の仕組み

DEXではブロックチェーン上に暗号資産取引システムが自律的に稼働している取引所になります。

ブロックチェーンでは中央サーバーを必要とせず、P2P技術を活用して直接取引できるため、中央管理者を必要としないのです。

そのため、自分でウォレットの秘密鍵や暗号資産を管理さえすれば、第三者(企業)が介入せずとも個人と個人の取引が可能となり、ハッキング(クラッキング)のリスクが低くなります。

また、DEXでは中央管理者が存在しないため、規制の対象になりにくい取引所となっています。

DEX(分散型取引所)のメリットとデメリット


DEXデメリット、メリットイメージ
ここでは中央集権型取引所とDEXを比較しながらメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

比較項目 中央集権型取引所 DEX(分散型取引所)
資産管理者 取引所運営会社 ユーザー本人
KYC(顧客情報確認)の有無 有り 無し(一部あり)
保証の有無 有り 無し
ハッキングリスク 高い(DEXと比較して) 低い
システム障害の有無 高い 低い(ほぼ無し)
取引の出来高 高い 低い
取引手数料(注意あり) 有り 低いまたは無し
中央集権型取引所と比較したDEXのメリット・デメリットの比較

DEXのメリット

  • 資産管理者: DEXではユーザー自身で秘密鍵/暗号資産を管理できるため、ハッキング(クラッキング)のリスクが低いメリットがあります。

  • KYC(顧客情報確認)の有無: DEXでは基本的にKYCが必要ないため、誰でも簡単に暗号資産の取引が行えるメリットがあります。

  • システム障害の有無: DEXではサーバーを必要としないブロックチェーン上での運用となるため、システムダウンがなく、24時間365日利用可能というメリットがあります。

  • 取引手数料: DEXではサーバーや顧客管理/対応が必要ないため、運営にかかる費用はマイニング手数料のみとなり、手数料が安く取引できるメリットがあります。
  • DEXのデメリット
     

  • 保証の有無: DEXでは中央管理者がいないため、万が一ハッキングなどにより資産が消失した場合、保証などがないデメリットがあります。

  • 取引の出来高: 現状、DEXは認知度が低く、ユーザー数が少ないため、通貨の流動性が低く取引ができないデメリットがあります。(すでに改善傾向にあります)

  • 取引手数料(注意): 一部のDEXにおいて、取引をブロックチェーンに書き込むことから、手数料が高くなる場合があります。(最近ではかなり改善されています。)

期待値の高いDEXプラットフォーム


DEX取引画面

ここでは僕が実際に利用しているDEXをご紹介していきたいと思います。

紹介するDEXの利用にはMyEtherWalletやMetamaskなどのイーサリアム系ウォレットが必要となります。

またDEXや上記の個人管理ウォレットにZaifBitflyerなどでETHを購入し、送金する必要があります。

0X(ゼロエックス/ZRX)


0X

 

0Xはイーサリアムのブロックチェーン上に開発されているDEXになります。

通常イーサリアムのブロックチェーンに取引を記録したり、スマートコントラクト(自動契約執行)を実装するとGasと呼ばれる単位のETH手数料がかかります。

しかし0Xでは、取引注文をオフチェーン(ブロックチェーン外)で処理することで、手数料が安く取引する事が可能となっています。

また、0Xでは共有流動性という標準的なAPI(Application Programming Interface)を中継者で共有することで流動性プールを集約し、オンラインノードを増加させ、結果的にネットワーク効果を向上させるシステムが実装されています。

これらよりDEXのデメリットを改善しているDEXになります。

0X公式サイト
 

Bancor(バンコール/BNT)


Bancor
 

 

Bancorもイーサリアムのブロックチェーン上に開発されているDEXになります。

Bancorも0X同様に通貨の流動性問題を準備金システムを導入して解決しているDEXになります。

前述したようにDEXでは認知度の低さから、暗号資産を売りたいユーザーと買いたいユーザーのマッチングがうまくいかない場合があります。

Bancorでは、暗号資産の発行元に準備金という形で暗号資産を一定量プールさせます。

そして売買マッチングが成立しない状況下においては準備金から取引ができるようになっています。

Bancor公式サイト
 

将来的には主流となるDEX(分散型取引所)

以上がDEXについての紹介になります。

僕は暗号資産の取引に関して将来主流になるのはDEXだと思っています。

ユーザーの自由度の高さや、本来ビットコインの概念にあるトラストレスな取引を体現しているのはDEXなのではないでしょうか?

ただ保証などの観点から、中央集権型取引所で取引するメリットもあります。

DEXの認知度が増していくと将来は個人の好みで中央集権型かDEXを選ぶようになりそうです。


記事にBitcoinを投げ銭する!