仮想通貨ファントム(FTM)とは?特徴・価格・取引所を簡単に解説

仮想通貨ファントム(FTM)はファントムネットワークで使用される仮想通貨です。

ファントムネットワークは高速かつ拡張性の高いDAGベースの分散台帳とスマートコントラクトを実行する仮想マシンから構築されるプラットフォームを開発しています。

こちらの記事では仮想通貨ファントム(FTM)について特徴や取り扱い取引所などを解説します。

仮想通貨ファントム(FTM)の特徴・価格・取引所を解説



ファントムはDAGテクノロジーを活用し、世界中のデータ取引をおこなう機関の互換性を保証することでリアルタイムの取引とデータ共有を可能にするプラットフォームを構築しています。

ファントムの最大の特徴は『ONLAY』というフレームワークを実装している点です。

ファントムネットワークではユーザーとバリデーター(検証)という2つのノードで構成されます。

ONLAYフレームワークでは、DAG上にグラフの階層化を導入して、イベントブロックを信頼性の高い順に順序付けし、実行します。

少しわかりづらいですが、ONLAYの主な役割は有効な取引と正常に検証ができるノードを最適化し実行することでより速く取引や取引検証をおこなうことを可能にしています。

また、そのほかの特徴としてファントムではノードサービスブロックチェーン、オペラチェーン、メインチェーンブロックチェーンという3つのブロックチェーン階層が存在するのが特徴です。

–仮想通貨ファントム(FTM)の特徴–

通貨名称Fantom/FTM
発行体Fantom
発行枚数3,175,000,000 FTM
ブロックチェーンイーサリアム、バイナンス
公式サイト公式サイト
テクニカルペーパーテクニカルペーパー

仮想通貨ファントム(FTM)の価格【日本円】

仮想通貨ファントムの使用ケース

仮想通貨ファントムのウォレット

こちらではファントムネットワークで使用される仮想通貨ファントム(FTM)の使用事例を紹介したいと思います。

[box02 title=”仮想通貨ファントム(FTM)使用ケース”]
  • ファントムネットワークを検証するバリデータに対する報酬
  • 金融機関を使用しない支払い
  • ファントムネットワークを使用する上での手数料など
[/box02]

仮想通貨ファントム(FTM)の取引やチャートに便利な取引所Binance

バイナンスIEO(バイナンスローンチパッド)

仮想通貨ファントム(FTM)は現在国内の仮想通貨取引所では取り扱っていません。

そのため仮想通貨ファントム(FTM)の購入や取引には海外の仮想通貨取引所を活用します。

仮想通貨ファントム(FTM)の購入や取引にオススメなのは世界最大級の取引所BINANCE(バイナンス)です。

Binanceは豊富な仮想通貨・トークンの購入や取引が可能となっており、取引ペアも多い取引所となっています。

世界最大級の取引所BinanceについてはBINANCE(バイナンス)のメリットや口座開設を初心者向け解説をご覧ください。

BINANCE(バイナンス)はこちら

>はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめて仮想通貨を買うならCoincheck!
ユーザー数195万突破!金融庁登録済の仮想通貨交換業者(2019年11月)。
東証一部上場企業のマネックスグループのグループ会社であるCoincheckは国内最大の11種類の仮想通貨を取り扱い、取扱通貨は全て500円から購入可能!
初心者でもスマホアプリから簡単取引可能と評判の取引所で仮想通貨アプリ国内最大の262万DLを突破した人気取引所です。
<取り扱い通貨>・ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リスク(LISK)・ファクトム(FCT)・ライトコイン(LTC)・イーサリアムクラシック(ETC)・モナコイン(MONA)・ステラルーメン(XLM)