特集記事

世界的に大注目のゲーム市場は仮想通貨でもっと盛り上がる!その理由を解説

どうもshoto です。

最近Eスポーツが世界的に盛り上がりをみせており、企業やユーザーからゲーム市場に多くの注目が集まっています。

そんな中、ブロックチェーン暗号資産を活用したゲームが続々とリリースされています。

ブロックチェーンと暗号資産を組み合わせることで、ゲームで暗号資産を稼ぐことができたり、ゲーム内資産を取引できたりします。

今回は世界のゲーム市場と暗号資産ゲームの可能性についてお届けしたいと思います。

    • 2018年世界のゲーム市場は約15兆円と予測されている。

 

    • ブロックチェーンと暗号資産はゲームと親和性の高いテクノロジー。

 

  • 一般人が副業としてゲームをする時代が到来する。

盛り上がりをみせるEスポーツやゲーム市場

近年ゲーム市場において注目されているのが、最近世界各国で開催されているEスポーツです。

Eスポーツとは『エレクトロニック・スポーツ』の略でコンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称になります。

かの有名金融会社ゴールドマンサックスは2016年Eスポーツ市場は約556億円と評価し、2019年にかけて約900億円まで成長する見込みを発表しています。

ゲーム市場グラフ

また、Newzooの予測では、2018年の世界ゲーム市場は1379億ドルと予測しており、これは日本円にして約15兆円にものぼります。

ゲーム市場

日本でもDMM.comやCygames、カプコンや吉本興業がEスポーツ市場に参戦しています。

これらのデータからいかにゲーム市場が盛り上がっているかがうかがえますよね。

暗号資産・ブロックチェーンはゲームと相性がいい!?

そしてこのゲーム市場の成長に拍車をかけるのが暗号資産などの最新テクノロジーだと僕は思っています。

暗号資産をゲーム内の通貨としてアイテムやモンスターなどと互換性を持たせ、暗号資産と法定通貨(円やドル)を結ぶ事でゲーム内での功績でお金を稼ぐ事ができます。

また、ブロックチェーン(分散台帳技術)や、スマートコントラクトなどを活用し、不正のないアイテム交換や換金を実現することができます。

ブロックチェーンや暗号資産をうまく活用すれば、一般のユーザーでもゲームで稼げるように今後はなっていくと思われます。

暗号資産ゲーム

ゲーム系暗号資産とブロックチェーンゲーム

ここでは暗号資産などを活用したゲーム系サービスがすでにいくつかリリースされているので紹介していきたいと思います!

NANJCOIN

 

冒頭にも紹介しましたが、Eスポーツというゲームを利用したスポーツ大会が世界中で注目されています。

NANJCOINゲームを開発しているわけではありませんが、暗号資産NANJを利用してスポーツ選手やチームに寄付をして応援したり、チケットをより簡単に購入できるようにするスポーツ分野に特化したプロジェクトなのですが、実はこのNANJCOIN、Eスポーツ選手やそのファンにも同様のサービスを展開しているんです!

「ゲームといえば日本!」と個人的に思うところがありますので、日本発でこういった暗号資産プロジェクトが生まれるのを嬉しく思います!

GameCredits

GameCredits

ゲーム系のプラットフォーム通貨として今最も有名なのがゲームクレジット(GameCredits)になります。

ゲームクレジットはゲーム開発支援、オンラインゲームプラットフォーム、コミュニティ支援、Eスポーツ開催などのサービスを手がけています。

ゲームクレジットは暗号資産GAMEを発行しており、オンラインゲームなどでの活用を期待されています。

Game.com

Game.com

 

Game.comも「GameCredits」同様にゲームプラットフォーム、ゲーム開発者支援、そしてGame.comが発行する暗号資産「GTC」などを管理するウォレット開発を行なっています。

Game.comではすでに「Battle Pets」という動物対戦ゲームをリリースしており、今後も多くのゲームがリリースされる予定となっています。

Game.com

BitGuild

個人的に最も期待しているのがビットギルド(BitGuild)です。

BitGuildでは「PLAT」という独自の暗号資産を発行し、ゲーム内のアイテムを販売してPLATを稼いだり、PLATを利用してゲーム内アイテムを購入することができます。

これはPLATと互換性のあるゲームであれば、ゲーム内資産を他のゲームへ引き継ぐことを可能にすることを意味します。

また、開発している暗号資産ウォレットであるアイテムウォレット(Item Wallet)では、暗号資産だけでなくゲーム内アイテムも表示できるユニークな機能が実装されています。

またBitGuildではEther OnlineやMagic Academyなどのゲームがリリースされ、今後はEth TownやAxie Infinityなど業界期待値の高いゲームがリリースされる予定となっています。

BitGuild BitGuild

注目のブロックチェーンゲーム

ここからは今大注目のブロックチェーンゲームをご紹介したいと思います。

イーサエモン(Etheremon)

イーサエモン

イーサエモンはすでにリリースされているdApps(分散型アプリケーション)でイーサリアムのブロックチェーンを利用したアプリです。

モンスターの育成してり対戦したりするゲームで、自身のモンスターをレンタルしたり売買する事でゲーム内暗号資産「EMONT」をゲットすることができます。

開発スピードが早く、今後3DやVR対応も予定されており、注目度の高いゲームとなっています。

Age of Dragons

Age of Dragons

こちらはまだ開発中のゲームですが、あの韓国オンラインゲーム大手NEXONがパートナーとなって話題となった『Age of Dragons』。

こちらも育成ゲームのようですが、GameGene Foundationが発行する暗号資産NGTトークンと紐付けされるようです。

GameGeneはすでにクオリティの高いゲームをいくつか開発しており、今回「Age of Dragons」が初めて暗号資産やブロックチェーンを活用するゲームとなります。

暗号資産とブロックチェーンはゲームを進化させる

以上暗号資産・ブロックチェーンゲームについてお届けしました。

暗号資産とブロックチェーンは非常にゲームと相性がいいテクノロジーであることは間違いないと思います。

現在、多くの暗号資産関連ゲームが開発され、暗号資産ゲーム関連企業に投資家も多く投資しています。

それだけ魅力的な市場だということですね。

今後が楽しみです。

Bitcoinを投げ銭する