Wallet/DApps

仮想通貨ウォレットGincoでリップル【XRP】を管理する時の注意点

どうもshoto です。

先日仮想通貨ウォレットGincoがバージョンアップ(v1.5.0)し、待望の仮想通貨リップル(XRP)に対応しました!

これはXRPを保有しているユーザーには嬉しい。

イーサリアムのERCトークン対応のウォレットは多いのですがXRPに対応しているウォレットは少ない印象だったので、これでXRPを安心して管理できます!

ただ仮想通貨ウォレットGincoでXRPを管理する際に注意点がいくつかあるのでシェアしていきたいと思います。

要点

  • 口座を有効化するためにReservesと呼ばれる手数料(20XRP)が必要となる。

 

  • Gincoから他の取引所に送金する際に宛先タグ(DestinationTag)が必要になる場合がある。

 

XRP口座開設に必要なReserves(リザーブ)って?

リップル

リップル(XRP)をウォレットで管理する際に、その口座を有効化するためReserves(リザーブ)と呼ばれる口座開設手数料が必要となります。

XRP Ledger(台帳)ではスパムや悪意のある利用を防止するためXRPでの必要準備金が利用要件としてあります。

簡単に説明すると、一定数のXRP準備金をアカウントの作成やトランザクション送信の要件にすることで、悪意のある多量のアカウント作成やトランザクション量産を防ぐことができます。

現在最小リザーブ額は20XRPとなっており、GincoにXRPを入金する際は20XRP以上を入金する必要があります。

その後、一度有効化されたXRP口座は自由に利用することが可能となります。

仮想通貨取引所への送金について

Gincoにて管理しているリップル(XRP)を仮想通貨取引所など外部に送金する場合、取引所などの送り先から宛先タグ(DestinationTag)を求められることがあります。

リップルでは、XRP取引において取引内容やユーザーを識別する際にdestination tagを利用して識別することを推奨しています。

仮想通貨取引所や送り先によって宛先タグが必要か不要か異なりますが、必要な場合はdestination tagを入力しないと送金できない場合があります。

なお、仮想通貨取引所や他のウォレットからGincoにXRPを入金する場合は宛先タグなしで送金することができます。

以上、GincoでXRPを管理する際の注意点を紹介しました!

Gincoはデザイン性に優れ、機能豊富な仮想通貨ウォレットです。

この機会にぜひ利用してみてください!


記事にBitcoinを投げ銭する!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。