リンク(LINK/LINE)

【仮想通貨】LINEのLINKトークンをわかりやすく解説

LINEが開発するLINKエコシステム

日本を代表するSNSであるLINE。

LINEは2011年にサービスを開始してから世界の数億人のユーザーが利用するサービスとなり、日本のSNSメインストリーム的存在となっています。

現在LINEはモバイルメッセンジャーに加え、ウォレットやニュースメディア、ゲームなどの多様なニーズに応え、サービスを多角的に展開しています。

そのLINEがブロックチェーンや仮想通貨技術を活用し、誕生したLINE独自の仮想通貨がLINKです。

こちらの記事ではLINEの仮想通貨LINKについて特徴や取引所、利用方法などを紹介していきます。

LINEの発行する仮想通貨LINKトークンとは

LINEが発行する仮想通貨LINKはLINEのサービス内で汎用的に使用される仮想通貨です。

仮想通貨LINKはLINEが提供するDApps(分散型アプリケーション)を利用するインセンティブとして獲得することができるほか、LINEのサービス内での支払いなどに使用することができます。

LINE経済圏(エコシステム)の基本原則として下のような概念があります。

LINKエコシステム基本原則
  • Rewarding contributors:エコシステムから生み出される付加価値を貢献者と分かち合い、ユーザーとサービスの新しい共創関係の構築を目指すプラットフォーム
  • Connected economy:汎用コインをベースにした大規模かつ安定したエコシステム
  • Designed for everyone:一般の人々が日常の中で使用できるエコシステム

出典:LINK公式サイト

仮想通貨LINKの活用方法

LINEの発行する仮想通貨は海外と日本国内で異なります。

海外では仮想通貨LINK、日本国内ではLINK Pointとして機能します。

これらの違いは、仮想通貨取引所にて取引可能か否かの違いですが、海外では仮想通貨取引所にてほかの仮想通貨に取引することができますが、日本にて発行されるLINK Pointは現状取引することができないのが特徴です。

仮想通貨LINKまたはLINK Pointはシンガポールを拠点とするLINE Tech Plus株式会社が発行し、仮想通貨LINK経済圏(エコシステム)上に開発される各サービスにて分配され、それらのサービスを利用するユーザーはサービスを利用し、貢献することで仮想通貨LINKを獲得することができます。

獲得した仮想通貨LINKはサービス内の支払いに活用することができます。

日本のLINK Pointの流れ

仮想通貨LINKの流れ

海外の仮想通貨LINKの流れ

仮想通貨LINKの流れ

海外のユーザーは、取得したLINKをグローバルの仮想通貨交換所BITBOXで法定通貨や他の仮想通貨に交換できるようになります。また日本国内の居住者であるユーザーは、取得したLINK PointをLINEポイントに交換して利用することができます。取得したLINK Pointは、1LINK Point=500LINEポイント、LINEポイントは、1ポイント=1円として、LINE Payでの決済やLINEサービスでの購入・決済時にご利用いただけます。​

出典:LINK公式サイト

仮想通貨LINKが利用できるアプリケーション

ここからは仮想通貨LINKが利用できるDApps(分散型アプリケーション)やサービスを紹介したいと思います。

LINEの仮想通貨取引所【BITBOX】

LINEの仮想通貨取引所『BITBOX』

BITBOXはLINEが設立した、グローバル仮想通貨取引所です。LINEが発行するLINKや仮想通貨を代表するビットコインやイーサリアムなど様々な仮想通貨を取引することができます。

設立後、2018年9月には、世界トップ10位、最高位は第2位の総取引量となっており、世界中のユーザーが利用する急成長中の仮想通貨取引所です。

未来予測プラットフォーム【4CAST】

LINEのLINKエコシステムの1つ『4CAST』

4CASTはコミュニティ内でスポーツの試合結果など未来で起きることを予測して楽しむゲームになっています。

サービス内で未来予測に参加することでサービス価値向上に貢献したユーザーは仮想通貨LINK(インセンティブ)を受け取ることができます。

知識共有プラットフォーム【Wizball (ウィズボール)】

LINEのLINKエコシステムの1つDAppsWizball

Wizballは知識共有Q&Aプラットフォームです。

LINEが開発する独自のブロックチェーン(LINK chain)を活用し、よりよい情報共有環境を創り上げていくプラットフォームです。

サービス内容はYahoo知恵袋と類似サービスとなっています。

商品情報/商品レビュープラットフォーム【Pasha】

LINEのLINKエコシステムの1つ『PAsha』

商品情報/商品レビュープラットフォーム『Pasha』では、日常の気になったアイテムをその場で調べることに活用できたり、写真を登録することで暗号資産LINKを報酬としてもらうことができます。

PashaについてはLINEのDapps『Pasha』の使い方からポイント獲得方法を解説をご覧ください。

LINKエコシステムまとめ

ここまでLINEの仮想通貨LINKや利用方法について紹介してきました。

LINEは今後も新たなDApps(分散型アプリケーション)を開発し、LINKエコシステムを拡大していく予定です。

すでにリリースされているDAppsも多くありますので、一度利用してみることをオススメします。

Bitcoinを投げ銭する