仮想通貨

仮想通貨Loomとは?特徴・価格・取引所をわかりやすく解説

仮想通貨Loomのロゴ

Loom Networkは合意形成アルゴリズムがDPos(Delegated Proof of Stake)のイーサリアムのセカンドレイヤーソリューションになります。

仮想通貨loomはプラットフォーム内のネイティブ通貨であり、商品購入の決済や手数料、そしてネットワークの運用に貢献する人への報酬などに活用される仮想通貨になります。

こちらの記事では仮想通貨loomについて特徴や価格、loomを取り扱う仮想通貨取引所などを解説します。

仮想通貨Loomとは?特徴・価格・取引所をわかりやすく解説

Loomnetworkの紹介

Loom Networkはイーサリアム用のセカンドレイヤーソリューションであり、DPos(Delegated Proof of Stake)を採用したサイドチェーンネットワークになります。

Loom Networkは、スケーラビリティの高いゲームやDApps(分散型アプリケーション)の開発を可能にし、それらの開発をサポートするツールの開発などもおこなっています。

現在では、主にゲーム系のDAppsが多く開発せれている印象ですね。

Loomの目標は、アプリ開発者が必要に応じてより多くのコンピューティングパワーにアクセスできるスマートコントラクト、またはユーザーのアプリケーション操作などのタスクに対して低コストかつ素早く実行できるようにすることです。

–仮想通貨loomの特徴–

通貨名称 LOOM
発行体 LOOM NETWORK
発行枚数 1,000,000,000 LOOM
ブロックチェーン イーサリアム
公式サイト 公式サイト
ホワイトペーパー ホワイトペーパー

仮想通貨Loomの価格【日本円】

Loom Networkの仕組みと構成

Loom Networkの仕組み

Loom NetworkはLoom Networkが開発する製品やサイドチェーン、そしてイーサリアムのPlasmaブロックチェーンからシステムが構成されています。

Loom Networkはイーサリアムとセカンドレイヤーと統合することで高いスケーラビリティをユーザーに提供することができる仕組みとなっています。

Loom Networkを構成する要素を下に紹介します。

  • PlasmaChain:イーサリアムとサイドチェーンの間で取引をおこなうためのハブになります。様々なサイドチェーン同士の取引をより早く安く可能にしたり、DAppsの開発者がDAppを高速で機能させるのに役立つサイドチェーンでもあります。
  • The Loom SDK:Loomや様々な技術をサポートするベーシックシステム。LoomのサイドチェーンはすべてSDK上に構築されているため、LoomがSDKに追加したすべての新機能はすべてのサイドチェーンに継承され統合されます。
  • GameChain:モバイルゲームに最適な高性能サイドチェーン。このブロックチェーンはイーサリアムのPlasmaChainとクロスチェーンになっています
  • SocialChain:ソーシャルアプリケーションに最適な高性能サイドチェーン。Loom Network最初のサイドチェーンになります

仮想通貨loomの使用ケース

こちらではLoom Networkで使用される仮想通貨Loomの使用事例を紹介したいと思います。

仮想通貨Loom使用ケース
  • バリデーター:バリデーターはLoomのコアネットワークサービス(取引検証、新しいブロック生成、ガバナンス)に貢献し、その報酬としてLoomを獲得します。
  • 委任者:任意バリデーターを保有し、プールした仮想通貨Loomの割合で報酬を得ます。
  • 開発者:DAppsをLoom Network上で実装するには開発者は仮想通貨Loomで手数料を支払います。これらの手数料はネットワークを健全に維持するバリデータの報酬などにあてられます。
  • ユーザー:仮想通貨LoomはLoom Network上のマーケットプレイスのネイティブ通貨になります。ユーザーは決済や取引手数料に仮想通貨Loomを使用することができます。

仮想通貨Loomの取引に便利な取引所Binance

バイナンスIEO(バイナンスローンチパッド)

仮想通貨Loomは現在国内の仮想通貨取引所では取り扱っていません。

そのため仮想通貨Loomの購入や取引には海外の仮想通貨取引所を活用します。

仮想通貨Loomの購入や取引にオススメなのは世界最大級の取引所BINANCE(バイナンス)です。

Binanceは豊富な仮想通貨・トークンの購入や取引が可能となっており、取引ペアも多い取引所となっています。

世界最大級の取引所BinanceについてはBINANCE(バイナンス)のメリットや口座開設を初心者向け解説をご覧ください。

BINANCE(バイナンス)はこちら

Bitcoinを投げ銭する