NANJCOIN

国内プロジェクトNANJCOINの特徴からエコシステムまでを解説

どうもshoto です。

ここ数年でスポーツ市場は大きく拡大し、今後もスポーツ市場は拡大していくと多くのメディアや投資機関が予測しています。

しかしながらスポーツ業界では社会的課題やシステム的な課題がいくつも残されているのが現状です。

ただし、ブロックチェーンを根幹とする暗号通貨などを活用することで、その低コストかつ価値移転の容易さから多くの課題を解決できる可能性があります。

NANJCOINは、スポーツ業界における社会的問題の解決や新たな付加価値事業の創出を促進するエコシステムを構築する目的で発足したプロジェクトになります。

この記事ではNANJCOINの概要やエコシステムについて解説していきたいと思います。

NANJCOIN【NANJ】の概要

NANJCOIN
発行日 2018年1月
NANJCOIN名称 NANJ
NANJCOIN発行枚数 300億NANJ
ブロックチェーン イーサリアムベース
承認システム
公式サイト 公式サイト
ホワイトペーパー ホワイトペーパー

NANJCOINの現在価格

スポーツ業界の課題を可視化

ここではスポーツ業界の課題をNANJCOINのホワイトペーパーをもとに可視化していきたいと思います。

マネタイズが難しいマイナースポーツ

スポーツ業界の課題の1つにマイナースポーツジュニアスポーツパラスポーツなどのマネタイズが難しいという点があります。

このような場合、スポーツ自体の認知度やイベント頻度などが要因でマネタイズが難しくなっています。

マネタイズが難しくなればチームや練習施設の維持、選手キャリアの維持が難しく、運営の継続が困難となる場合があります。

運動不足による疾病リスク

近年、先進国において運動不足による疾病の増加リスクが数多く指摘され、自国民の運動時間を増加させるための取り組みが各国で行われています。

スポーツ業界でも国と連携した施策を打ち出していますが個人的なモチベーションまでアプローチしている施策は未だ少ないように思えます。

ファン主導のプラットフォーム不足

NANJCOINの調査によりスポーツチームやスポーツ選手のファンの中にはもっと密接にチームや選手を応援したいというニーズがあると確信しているようです。

しかしながら、チームや選手とファンを繋ぐプラットフォームが現在確立されていないのが現状です。

また、スポーツに興味を持ちながらもチケット購入にハードルを感じるユーザーが多い点も含め、スポーツ関係事業や関係者を繋ぐ優れたエコシステム(プラットフォーム)が必要だと思われます。

NANJCOINについて

NANJCOINは掲示板サイト「5ちゃんねる」に存在する「なんでも実況J板」通称なんJのコミュニティによって開発されたイーサリアムベースの仮想通貨になります。

もともと「なんでも実況J板」はスポーツ好きが多く集まるコミュニティであり、仮想通貨NANJは「ファンとスポーツ業界関係者を繋ぐ次世代の経済圏を創り出す」をコンセプトにスポーツ関連分野で活用される仮想通貨になります。

NANJCOINのエコシステム概略図

NANJ経済圏

NANJCOINを中心としたエコシステムでは主に以下の3つのグループが存在し、効果的に相互作用することで経済圏が拡大する設計になっています。

ここからNANJのエコシステムについて解説していきます。

    NANJエコシステムの3つのグループ

  1. 「NANJ利用者をターゲットとした施策をするグループ
  2. NANJ利用者
  3. NANJCOINの消費先となるグループ
  • ●2018年9月時点で想定されている将来的な概略図です。状況に応じ変更が加えられることがあります。
  • ※2018年9月現在、法定通貨との直接交換はできません。
  • ※取引所への登録、交換は各国規制に準じた方法をご選択ください。
  • NANJ利用者をターゲットにした施策をするグループ

    仮想通貨NANJはNANJCOINのエコシステムにおいてインセンティブとしての役割と消費活動に使用する通貨としての役割を持ちます。

    従来の現金や電子ポイントと比較した際にNANJは以下の利点を持ちます。

  • NANJCOINエコシステム内にてあらゆる用途に利用できる。
  • NANJCOIN対応のウォレットであれば、様々なアドレスにNANJを移転することができる。
  • 将来的に法定通貨などとの取引など、金銭的価値との交換を予定している。
  • NANJCOIN利用者を対象にした組織は仮想通貨NANJをサービス内のインセンティブとして採用することで、ユーザーがサービスを利用する強い動機付けとなり、サービスの拡大、エコシステムの参加者を増加させることができます。

    エコシステム内のサービスが増えれば増えるほど、参加者が増加しサービス提供者間でも相互作用を生み出すことができる設計になっています。

    NANJ利用者(一般ユーザー)

    NANJ利用者はインセンティブや仮想通貨取引所などからNANJを獲得し、エコシステム内サービスでの使用や好きなスポーツ選手やチームなどに投げ銭することが可能となります。

    また、NANJ自体を自己資産化することも可能です。

    NANJCOINの消費先となるグループ

    消費先となるグループは主に企業やアスリート、スポーツ関連団体となります。

    消費先組織はNANJウォレットをインストールするだけで、消費先としてすぐに参加可能となり、NANJを収益同様に扱うことも可能となります。

    NANJCOINのエコシステムが拡大する仕組み

    NANJエコシステム

    先ほど解説した3つのグループが相互作用することでNANJCOINのエコシステムが拡大していくことが分かります。

    例えば、組織はサービスへの参加インセンティブとして仮想通貨NANJを採用します。

    組織はサービスの拡大するのに対し、ユーザーはサービスへ参加しNANJを受け取ることができます。

    ユーザーは受け取ったNANJをサービス内で消費したり、好きなチームや選手への投げ銭などで消費します。

    このように3つのグループが相互作用することで経済圏を拡大していきます。

    NANJCOINのトークン概要

    NANJCOINはイーサリアム上に開発されるトークンであり、ERC20/ERC223のハイブリット通貨になります。

    以下、NANJCOINの詳細とトークン・アロケーション/資金用途になります。

    トークン名  NANJCOIN
    トークンシンボル NANJ
    発行枚数 30,000,000,000NANJ
    最小取引単位 0.00000001NANJ
    トークン規格 ERC20/ERC223
    NANJCOINトークン

    NANJウォレットについて

    NANJウォレット

    仮想通貨NANJの保管方法としてNANJCOINでは公式ウォレットをiOS/Androidアプリで開発・リリースしています。

    NANJウォレットの特徴として、通常、イーサリアム上で開発されるトークンは取引手数料をGas(ETH)で支払うのに対して、NANJウォレットではNANJを送金手数料(送金額の1%)として使用することができます。

    さらにこれらのサービスはオンチェーンで動作するため、ブロックチェーンの利点である透明性や対改ざん性といったセキュリティ上の利点を損ないません。

    NANJウォレットについてはNANJCOIN公式ウォレットリリース!設定から投げ銭まで解説で詳しく解説しています。

    NANJCOINのロードマップ

    NANJロードマップ

    NANJCOINが上場している取引所

    現在NANJCOINが上場している取引所は以下のものになります。
    ※現在日本居住者に対してサービス停止しているものも含まれています。(2018/07/29現在)

    以上、NANJCOINの概要や利用方法についてお届けしました。

    スポーツ市場は拡大余地がかなりある市場なだけに、NANJCOINは期待しているユーザーも多いのではないでしょうか?

    NANJCOINのエコシステムでは、サービスを提供する組織を多く獲得できるか注目です。


    記事にBitcoinを投げ銭する!
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。