ネム(NEM/XEM)のトレードに必須の事前準備【簡単に解説】

暗号資産ネム(NEM/XEM)のトレードをするには暗号資産取引所への登録などをおこなう必要があります。

また、ネム(NEM/XEM)をトレードする上で便利なアプリやトレード方法を知っていた方が良いです。

こちらでは暗号資産ネム(NEM/XEM)のトレードができるオススメの取引所やアプリなどを紹介したいと思います。

[box02 title=”この記事で分かること”]

暗号資産ネム(NEM/XEM)のトレードに最適な取引所が分かる

ネム(NEM/XEM)の概要を知ることができる

ネム(NEM/XEM)トレードの簡単な考え方

[/box02]

ネム(NEM/XEM)のトレードに必須の事前準備

暗号資産ネム(NEM/XEM)のトレードにオススメの取引所を紹介する前に簡単にネム(NEM/XEM)について解説したいと思います。

NEMとは【New Economy Movement(新経済運動)】の略称で、ブロックチェーンサービスを企業や開発者に提供するプラットフォームです。

このNEMというブロックチェーン(分散型台帳技術)のサービスを利用する際に手数料が掛かるのですが、その手数料やサービス内の資産として使用されるのが暗号資産XEMです。

簡単に説明するとブロックチェーンサービスのことをNEMといい、そのサービス内で使用される資産(通貨)をXEMといいます。

暗号資産ネム(NEM/XEM)についてはネム【NEM/XEM】の特徴を徹底解説-実用性バツグンブロックチェーンで詳しく解説しています。

次に暗号資産ネム(NEM/XEM)のトレードに最適な取引所を紹介していきます。

ネム(NEM/XEM)のトレードにオススメな取引所:【Zaif】

ネムのトレードにおいてオススメしたい国内取引所はZaifです。

暗号資産取引所Zaifをネム(NEM/XEM)のトレードにオススメする理由として下のポイントがあります。

[box05 title=”Zaifをオススメする理由”]

Zaifは取引手数料が安い

ZaifはNEM財団とコネクションが強い

Zaifはネム(NEM/XEM)の積立投資ができる

[/box05]

Zaifはネムの取引手数料が業界内でも良心的


手数料

ネムのトレードにZaifをオススメする理由の1つに手数料が安いという点があります。

それではまず、取引所ごとのNEM/XEM取引手数料で比較してみましょう。

下の表は現状NEM/XEMを取り扱う取引所の手数料比較になります。

取引所手数料
Zaifmaker:無料 taker:0.1%
Coincheck無料(スプレット方式)
DMM Bitcoin無料(スプレット方式)

Zaifはtaker手数料が0.1%でmaker手数料が無料と良心的な設定となっています。

CoincheckやDMM Bitcoinは手数料は無料ですが、スプレット(買いと売りの差)を利益としています。

そのためスプレットのレンジが広くなればそれだけ利益が高くなるということになります。

どちらが得かはトレードの回数や額、取引のタイミングにもよりますが、個人的にはZaifがおすすめです。

またZaifはスマホアプリからでもトレードすることが可能となっています。

Zaifの公式サイトはこちら

Zaifならネム(XEM)の自動積立投資ができる


Zaif積立
次にネム(NEM/XEM)をトレードする方にZaifをオススメする理由の1つとして、Zaifの積立投資機能があります。

この機能はトレードとは少し話がズレますが、トレードではなく長期的な投資としてネム(NEM/XEM)を購入したいという方にオススメの機能です。

自動積立機能はZaifで簡単な設定を行うだけで、ユーザー決めた金額を口座から引き落とし、NEM/XEMを自動で購入してくれます。

購入方法はドル・コスト平均法<という方法で、低リスクで初心者にオススメな方式となっています。

Zaifの自動積立詳細はこちら

Zaifはネム財団とのコネクションが強い

Zaifを運営しているテックビューロ社のCEO朝山隆雄氏はネム財団の理事メンバーとして在籍してます。

NEM財団

さらにテックビューロ社は企業向けブロックチェーンサービス「mijin」をNEMのコアデベロッパーと共同で開発するなど、NEMと深く関わっている事がわかります。

以上を踏まえるとZaifを運営するテックビューロ社ほど暗号資産ネム(NEM/XEM)を理解した取引所はないと思います。

Zaif公式サイトはこちら

ネム(NEM/XEM)のトレードにオススメな取引所:DMMビットコイン

DMMビットコイン

もう1つネム(NEM/XEM)のトレードでオススメな取引所としてDMMビットコインがあります。

DMMビットコインではビットコインを含めた暗号資産7種類のトレードが可能となっており、暗号資産ネムのトレードも可能となっています。

DMMビットコインをオススメする理由としてチャート機能やテクニカル分析ツールが使いやすく、取引手数料はもちろん口座開設手数料、口座維持手数料、出金手数料、ロスカット手数料が無料です。(手数料はスプレット方式です。)

さらにDMMビットコインでは暗号資産の最0購入額が低い設定のため、少額からはじめたいという方におすすめです。

DMMビットコイントレード最小単位

【DMM Bitcoin】はこちらDMMビットコイン公式サイト

ネム(NEM/XEM)のトレード方法・コツについて

これからネム(NEM/XEM)をトレードをはじめる方が気になるのがトレード方法やコツですよね。

実際の取引操作については各取引所で解説されているのでここでは割愛しますが、トレード考え方として基本的には『安く買って高く売る』・『高く売って安く買う』ということです。

トレードでは必ず勝てる方法はありません。

そのため勝率を少しでも挙げることが重要になりますが、コツとしてはテクニカル分析(統計)や市場心理を把握するのが良いとされています。

そのためこのような知識を多く身につけることが重要です。

暗号資産ネム(NEM/XEM)のトレード事前準備まとめ

ネムのトレードや投資には少なからずリスクが伴います。

しっかりと使える資金を計算して、おこなうようにしましょう。

リスクヘッジはとても大切です。

>はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめて仮想通貨を買うならCoincheck!
ユーザー数195万突破!金融庁登録済の仮想通貨交換業者(2019年11月)。
東証一部上場企業のマネックスグループのグループ会社であるCoincheckは国内最大の11種類の仮想通貨を取り扱い、取扱通貨は全て500円から購入可能!
初心者でもスマホアプリから簡単取引可能と評判の取引所で仮想通貨アプリ国内最大の262万DLを突破した人気取引所です。
<取り扱い通貨>・ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リスク(LISK)・ファクトム(FCT)・ライトコイン(LTC)・イーサリアムクラシック(ETC)・モナコイン(MONA)・ステラルーメン(XLM)