仮想通貨ONT(オントロジー)の特徴・価格・取引所を解説

Ontology(オントロジー)はブロックチェーン技術を使用し、個人や企業などの信頼性を保証し、サービスや業務における取引やサービスの利便性などを向上させるブロックチェーンプラットフォームになります。

仮想通貨ONTは高性能パブリックブロックチェーン『Ontology(オントロジー)』上で使用される仮想通貨になります。

こちらの記事では、仮想通貨ONTやOntology(オントロジー)の特徴や将来性について解説します。

仮想通貨ONT(オントロジー)の特徴・価格・取引所を解説

オントロジーロゴ画像

仮想通貨オONT(オントロジー)の特徴とは【発行枚数や価格】

–仮想通貨ONTの概要–

通貨名称Ontology/ONT
発行体Ontology
発行枚数1,000,000,000ONT
ブロックチェーンOntologyブロックチェーン
公式サイト公式サイト
ホワイトペーパーホワイトペーパー

–仮想通貨ONTの現在価格–



Ontology(オントロジー)は分散型身分証明システム、分散型データ交換、散型コミュニティ、分散型認証など様々なサービスやデータを組み合わせた高性能パブリックブロックチェーン(分散型台帳技術)になります。

オントロジーはより信頼性の高い業務取引や認証を実現できるようにするため、主に企業向けにブロックチェーンを活用した分散型身分証明や多要素認証、分散型データ交換システムの開発支援およびサービス内データを効果的に活用するブロックチェーンシステムを構築しています。

オントロジーの特徴として、オントロジーのブロックチェーン上にDApps(分散型アプリケーション)を開発できたり、独自のブロックチェーンを開発することができるのですが、そのDAppsや独自のチェーンのデータをクロスチェーンという方法を使用して、企業間やサービス間で共有することができます。

そうすることで様々なサービスが共に多様なデータを利用してサービスの価値を向上させることが可能となります。

オントロジーのブロックチェーンについてはオントロジー(ONT)のブロックチェーン構造を簡単解説で解説していますので読んでみてください!

また、オントロジーでは、ブロックチェーンによるデータインフラとしてだけではなく、独自にサービスを開発しています。

次にオントロジーの特徴であるブロックチェーンデータを活かしたサービスを紹介します。

オントロジー(ONT/Ontology)の多要素認証

オントロジー多要素認証システム

オントロジーでは、より安全かつ信頼性の高い認証をおこえるようにするため複数の情報源より識別認証をおこなうことができます。

また、情報源から個人を識別・認証できる個人プロファイルを作成し、様々なサービスでの認証に使用することができます。

これらの認証データを偽造できない署名をおこないブロックチェーン上で管理することで安全かつ信頼性の高い認証システムを開発することができます。

オントロジー(ONT/Ontology)の分散型データ交換【AIの学習データにも!?】

オントロジー分散型データ交換

オントロジーでは、ユーザーのオンライン行動データなどの様々なデータをブロックチェーンに記録・保管しておくことができます。

オントロジーではユーザーのプライバシー要件を満たしながら、活用できる有効なデータを交換できるシステムを提供します。

これらのデータはブロックチェーンやスマートコントラクトの特性上、透明性やトレーサビリティの高いデータであり、改ざんが不可能な信頼性の高いデータになります。

そのため証明書や信用判断材料、またはAIの学習データとして有効なデータとなります。

オントロジー(ONT/Ontology)の分散型ID共同システム

オントロジーID共同システム

ここでは医療分野を例にオントロジーの分散型ID共同システムについて解説します。

医師、病院、患者がそれぞれの認証データや症状をブロックチェーンに登録することで、薬剤や症状データをもとに診断から薬の受け取りまでのプロセスを効率化します。

また、医師、薬局、患者の識別、活動が記録され、診断結果などの透明性を確保することができたり、評価することが可能となります。

このほかにもオントロジーはコミュニティマネジメントやコンテンツシステム、評価システムなど様々なサービスの開発ができます。

このようにオントロジーは各サービスのデータを統合活用することで汎用性の高いブロックチェーン機能を提供するプラットフォームだとわかります。

次に仮想通貨オントロジー(ONT)のエアドロップと機能について紹介します。

ONT(オントロジー)のエアドロップと機能について

オントロジーのパブリックブロックチェーンではONTとOntology Gas (ONG)の2種類の仮想通貨が機能しています。

仮想通貨ONTとONGは別の仮想通貨であり、ONGはイーサリアムと同様にオントロジーブロックチェーン上での送金や取引の手数料として支払うのに必要な通貨です。

ONGを取得する方法は2つあり、ONTと同様に仮想通貨取引所にて取引し取得する方法、そしてONTを保有することでONGをエアドロップで受け取る方法があります。

エアドロップとは仮想通貨の無料配布のことで、一定条件を満たすことで仮想通貨が付与されることを言います。

オントロジーでは仮想通貨ONTをオントロジー公式ウォレット『OWallet』や世界的に有名な取引所BINANCE(バイナンス)に保管しておくことでONGがエアドロップ(付与)されていく仕組みとなっています。

仮想通貨ONTを管理できるウォレットについてはONT(オントロジー)を管理することができる仮想通貨ウォレット19選で紹介しています。

仮想通貨ONTを購入する取引所なら【バイナンス】

仮想通貨ONTは国内の仮想通貨取引所では取り扱っていないため購入することができません。

そのため海外の取引所にて購入する必要がありますが、おすすめは世界的に有名な海外取引所BINANCE(バイナンス)です。

バイナンスであればONTを購入し、そのまま保管していてもONGのエアドロップを受け取ることができます。

–取引所バイナンスでONTを購入する方法–

  • 1.バイナンスおよび国内の取引所に登録する。
  • 2.国内取引所にてビットコインを購入し、バイナンスへ送金する。
  • 3.バイナンスにてビットコインとONTを取引する。

世界屈指の取引所バイナンスについてはBINANCE(バイナンス)のメリットや口座開設を初心者向け解説で詳しく解説しています。

そのほかオントロジーが購入できる取引所については仮想通貨ONT/ONG(オントロジー)が取引できる取引所一覧という記事でまとめています!

仮想通貨ONT(オントロジー)の将来性

オントロジー中国NGOと提携

オントロジーは中国の大手環境保護NGOであるShanghai Qingyueや日本のTECHFUNDとの提携を発表しているほか、オントロジーブロックチェーン上に様々なアプリケーションが開発されリリースされています。

オントロジーは将来的に提携企業や構築されるアプリケーションが増えることで様々なデータが統合できるようになり、より価値のあるブロックチェーンになっていくことが予想されます。

今後も提携企業やDappsには注目です。

>はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめて仮想通貨を買うならCoincheck!
ユーザー数195万突破!金融庁登録済の仮想通貨交換業者(2019年11月)。
東証一部上場企業のマネックスグループのグループ会社であるCoincheckは国内最大の11種類の仮想通貨を取り扱い、取扱通貨は全て500円から購入可能!
初心者でもスマホアプリから簡単取引可能と評判の取引所で仮想通貨アプリ国内最大の262万DLを突破した人気取引所です。
<取り扱い通貨>・ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リスク(LISK)・ファクトム(FCT)・ライトコイン(LTC)・イーサリアムクラシック(ETC)・モナコイン(MONA)・ステラルーメン(XLM)