オントロジー(ONT)のブロックチェーン構造を簡単解説

オントロジー(ONT)はブロックチェーン、スマートコントラクト、セキュリティシステムを統合したブロックチェーン(分散型台帳技術)です。

オントロジーは基本的にデータを格納するストレージインフラですが、ブロックチェーン構造の下位層にイーサリアムやNEOなどほかのブロックチェーンをサポートすることができます。

そのため、様々なブロックチェーンのデータを統合して有効に活用できるのが特徴です。

この記事ではオントロジー(ONT)のブロックチェーン構造を簡単に解説します。

オントロジーの概要ついては仮想通貨オントロジー(ONT)とは|特徴・将来性・購入方法を解説で紹介しています。

オントロジー(ONT)のブロックチェーン構造

オントロジー(ONT)ブロックチェーン構造

オントロジー(ONT)のブロックチェーン要件

オントロジー(ONT)の最大の目的は現実世界のデータと様々なブロックチェーンデータを繋ぐ架け橋となることです。

現実世界のビジネスやサービスは多様性、複雑性が異なり、パフォーマンスやスケーラビリティ、適応性を考慮して最適なブロックチェーンを選択する必要があります。

そのため1つブロックチェーンでは、全ての要件をサポートするのは困難です。

しかし、異なるブロックチェーン間を繋ぎ、各データを効率的に活用することができればビジネスやサービスの可能性は向上します。

そのためオントロジーでは様々なブロックチェーンデータを統合するためにブロックチェーンに合わせたプロトコルを提供します。

ブロックチェーンを繋ぐ【ハイパーガバレッジチェーングループ】

オントロジー(ONT)ブロックチェーン構造

オントロジー(ONT)はブロックチェーンの要件やモデルに基づいて、マトリックスグリット形態の『ハイパーガバレッジチェーングループ』を提唱しています。

ブロックチェーンの水平領域ではエンティティ(ID)マッピング、データ交換プロトコルサポート、スマートコントラクトなど基本的な共有サービスを提供するパブリックブロックチェーンを提供します。

これにより複数のパブリックチェーンにおいて業界や地域、サービス、コンプライアンスなどの様々な要件を満たす独自のチェーンを設定することができます。

この独自チェーンは認証システムやデータの交換をチェーン同士で共有することが可能となります。

ブロックチェーンの垂直領域では、独自チェーンごとに異なる要件と共同したい要件が異なることから、共同したい要件のサービスポイントとなるブロックチェーンが開発されます。

したがって垂直方向に開発されるブロックチェーンはスマートコントラクトやビジネスデータに関するクロスチェーンが開発されます。

オントロジー(ONT)は様々な要件をサポートできるブロックチェーン

オントロジー(ONT)におけるブロックチェーンを繋ぐプロトコルは様々なサービスやモデル要件をサポートすることが可能であり、ユーザーはプロトコルを選択することが可能です。

そのためオントロジーブロックチェーンは開発インフラの一部であり、様々なブロックチェーンのプロトコルや基盤を活用することでユーザーアビリティを向上させ、オントロジーではスケーラビリティや互換性を構築していきます。

オントロジーのブロックチェーン構造では、オントロジーブロックチェーン(分散型台帳技術)はデータインフラとして機能し、独自のサービスチェーンはカスタマイズ可能なため、既存のITシステムやほかの独自のサービスチェーンが連携できる仕組みとなっています。

オントロジーはオントロジーブロックチェーンを利用するサービスが増えていくことでオントロジーブロックチェーンの価値が向上していく構造設計となっています。

>はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめて仮想通貨を買うならCoincheck!
ユーザー数195万突破!金融庁登録済の仮想通貨交換業者(2019年11月)。
東証一部上場企業のマネックスグループのグループ会社であるCoincheckは国内最大の11種類の仮想通貨を取り扱い、取扱通貨は全て500円から購入可能!
初心者でもスマホアプリから簡単取引可能と評判の取引所で仮想通貨アプリ国内最大の262万DLを突破した人気取引所です。
<取り扱い通貨>・ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リスク(LISK)・ファクトム(FCT)・ライトコイン(LTC)・イーサリアムクラシック(ETC)・モナコイン(MONA)・ステラルーメン(XLM)