オントロジー(ONT)の提携情報【総まとめ】

アジアを中心にブロックチェーンプラットフォームを提供するオントロジー(ONT)。

オントロジーチェーンを活用する企業やサービスが増えていく中でオントロジーは有力な企業との提携を進めています。

この記事では、オントロジーの提携情報をまとめていきたいと思います。

オントロジー(ONT)の概要については仮想通貨ONT(オントロジー)の特徴・価格・取引所を解説をご覧ください。

オントロジー(ONT)の提携情報【総まとめ】

オントロジーロゴ画像

スマート翻訳プラットフォームJeemaa.comとの提携

オントロジーJeemaa.comと提携

オントロジー(ONT)は中国で有力な翻訳プラットフォーム『Jeemaa.com』と提携。

オントロジーのブロックチェーン技術を活用し、Jeemaa.comの翻訳者データをブロックチェーンに記録、改ざん不能な信頼性の高い翻訳システムを開発します。

今後、オントロジーを活用した翻訳者の評価システムを構築する予定となっています。

参考記事はこちら

中国大手の環境保護NGO『Shanghai Qingyue』との提携

オントロジーShanghai Qingyue

オントロジー(ONT)は中国大手の環境保護NGO『Shanghai Qingyue』と提携。

中国ではグリーンファイナンス(低炭素化プロジェクト投資)分野は改善の余地があるとされており、Shanghai Qingyueはオントロジーのブロックチェーンを活用した、環境情報における認証や情報開示アプリケーションを開発するとのこと。

参考記事はこちら

映画配信プラットフォーム『MovieBloc』との提携

オントロジー『MovieBloc』と提携

オントロジー(ONT)は映画配信プラットフォーム『MovieBloc』との提携。

MovieBlocはブロックチェーン技術を活用し、すべての映画配信参加者向けシステムを構築し、映画業界にイノベーションをもたらすことを目的とした企業です。

ブロックチェーン技術を活用し、映画産業への参入ハードルを下げます。

参考記事はこちら

オントロジーの提携情報は随時更新していきます。

>はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめて仮想通貨を買うならCoincheck!
ユーザー数195万突破!金融庁登録済の仮想通貨交換業者(2019年11月)。
東証一部上場企業のマネックスグループのグループ会社であるCoincheckは国内最大の11種類の仮想通貨を取り扱い、取扱通貨は全て500円から購入可能!
初心者でもスマホアプリから簡単取引可能と評判の取引所で仮想通貨アプリ国内最大の262万DLを突破した人気取引所です。
<取り扱い通貨>・ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リスク(LISK)・ファクトム(FCT)・ライトコイン(LTC)・イーサリアムクラシック(ETC)・モナコイン(MONA)・ステラルーメン(XLM)