リップル(XRP)をトレードする前に知っておきたいこと【簡単解説】

暗号資産の中でも、日本の銀行などと提携していることで話題のリップル(XRP)。

リップルは日本人の保有率が高いとされている暗号資産でもあります。

日本でも人気の暗号資産であることから、国内取引所でもトレードにおける取引高も高く、保有したいと思う人も多いです。

しかしこれから暗号資産リップル(XRP)をトレード・保有する人は事前知識としてトレード方法や最適な暗号資産取引所など知っておく必要があります。

ここでは暗号資産リップル(XRP)のトレード方法や最適な取引所について解説していきます。

[box02 title=”記事を読めば分かること”]リップル(XRP)のトレードに最適な暗号資産取引所
リップル(XRP)のトレード方法
[/box02]

リップル(XRP)のトレードで知っておきたいこと【簡単解説】

リップル(XRP)のトレードをする上でトレード方法や最適な取引所を知っておくと良いメリットとして以下の点があります。

トレード手数料が安く済む

トレードがスムーズにおこなえる(機会損失を防ぐ)

取引板が充実しているところでトレードできる(リップルを売買しやすい)

以上のメリットからリップルをスムーズに安くトレードするためにも、事前にトレード方法や最適な取引所を知っておく方がいいです。

リップル(XRP)をトレードするならビットバンクがオススメ

まず、リップルのトレードに最適な暗号資産取引所ですが、断然ビットバンクがオススメです。

リップルのトレードに暗号資産取引所ビットバンクをオススメする理由として手数料とチャートの見やすさ、そしてリップルの取引高、にあります。

まず、ビットバンクはリップルの取引高が世界で1位になるほどリップルが流通している取引所になります。

ビットバンクのリップル(XRP)取引量

リップルの流通量が多いということは、買いたい時に買いやすく、売りたい時に売りやすいということになります。

次に手数料ですが、ビットバンクではリップルの取引手数料は無料になります。

ビットバンクでは、暗号資産の売買取引において手数料はすべて無料としており、お金がかかるのはビットバンクから日本円や暗号資産を出金する時に掛かる入出金手数料のみです。

最後にチャートの見やすさですが、ビットバンクはチャートが本当に見やすいです。

取引板や注文画面、チャートの配置が絶妙で色合いも見やすいです。

この3つの理由からリップルのトレードにはビットバンクが最適だと言えますね。

>>ビットバンクはこちらビットバンク公式サイト

リップル(XRP)のトレード方法【ビットバンク編】

ここからは簡単にビットバンクでリップルをトレードする方法を解説していきます。

ビットバンクでリップルをトレードする前にメール登録・本人確認を済ませておきましょう。

ビットバンクでのリップルトレード方法ですが、下の画像がビットバンクのトレード画面です。

リップルトレード画面

ホーム画面左上にて購入したい暗号資産をクリックします。

トレード画面(右側)で買いたい数量・価格・方法(成行/指値)を入力し、暗号資産を購入します。

正常に購入できた場合、ホーム画面において購入された暗号資産の残高が増加します。

本当に簡単ですが、これだけです。

スマホアプリでのリップルのトレード方法は動画で解説されていますので、参考に載せておきます。

>>リップル購入解説動画はこちら

最後に:トレードのリスクもしっかり考えよう!

ここまでリップルをトレードする方法やオススメの取引所について解説しました。

1つトレードする前に認識しておく必要があるのはトレードにはリスクが付きものということです。

しっかりリスクを認識して、投資・資産運用できる金額から始めましょう!

>はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめて仮想通貨を買うならCoincheck!
ユーザー数195万突破!金融庁登録済の仮想通貨交換業者(2019年11月)。
東証一部上場企業のマネックスグループのグループ会社であるCoincheckは国内最大の11種類の仮想通貨を取り扱い、取扱通貨は全て500円から購入可能!
初心者でもスマホアプリから簡単取引可能と評判の取引所で仮想通貨アプリ国内最大の262万DLを突破した人気取引所です。
<取り扱い通貨>・ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リスク(LISK)・ファクトム(FCT)・ライトコイン(LTC)・イーサリアムクラシック(ETC)・モナコイン(MONA)・ステラルーメン(XLM)