Bankera(BNK)

スペクトロコインとは?便利な3つの仮想通貨サービスまとめ

こんばんはshoto です。

仮想通貨のウォレット管理や送金、業務用API(Application Programming Interface)サポートなどのサービスを提供している企業が増えてきています。

しかしそのほとんどがウォレットサービスのみであったり、仮想通貨の送金や受け取りしかサポートしていない場合が多いのが現状です。

そこで今回はICOで約160億円調達したバンクエラ(BANKERA)が運営する仮想通貨サービススペクトロコインについて紹介したいと思います。

スペクトロコインはブロックチェーンウォレット、仮想通貨・法定通貨の両替/販売、企業向けAPIサポートまで充実したサポートが魅力的なサービスです。

 

要点
  • スペクトロコインは240以上の国や地域を10カ国語をサポートしている。
  • スペクトロコインでは24種類の法定通貨と20種類以上の仮想通貨を両替できる。
  • スペクトロコインのブロックチェーンウォレットは高セキュリティかつデザイン性に優れている。
  • スペクトロコインのデビットカードは世界300万台のATMと2000万店舗のECやお店に対応している。

バンクエラが運営するスペクトロコインとは

スペクトロコインとは次世代デジタル銀行プロジェクト「バンクエラ」が運営する仮想通貨トータルサービスになります。

スペクトロコインは仮想通貨のオールインワンサービスをユーザーに提供することを目的として設立され、現時点で世界88万人が利用するサービスとなっています。

ここからはスペクトロコインが提供する主要な3つのサービスを紹介していきたいと思います。

仮想通貨と法定通貨の両替/購入サービス

スペクトロコイン仮想通貨購入

スペクトロコインでは20種類以上の仮想通貨と24種類の法定通貨を両替することが可能となっています。

また、法定通貨やクレジットカードから数種類の仮想通貨を購入することが可能となっており、バンクエラが発行するBNKについても今後取り扱う予定です。

それにしても24種類の法定通貨をサポートしているのはすごいですよね。

スペクトロコインの仮想通貨ウォレット

スペクトロコインウォレット

スペクトロコインのブロックチェーンウォレットでは法定通貨をはじめ複数の仮想通貨を管理することができます。

ブロックチェーンウォレットはiOS、Androidアプリもリリースされています。

さらに管理する99%の仮想通貨をコールドウォレットにて管理するため、高セキュリティ仕様となっています。

コールドウォレットとはインターネットから秘密鍵を隔離し管理する方法で基本的にハッキングなどが起こらない方式になります。

僕もスペクトロコインのウォレットを利用していますが、デザイン性にも優れていて非常に使いやすいです。

スペクトロコインのデビットカード

スペクトロコインデビットカード

スペクトロコインでは独自のデビットカードも発行しており、世界中300万台のATM、2000万のECサイトや実店舗の決済に使用することが可能となっています。

また、前述したブロックチェーンウォレットと連携させることで、仮想通貨を決済に使用することができます。


海外へよく出かける方にオススメのサービスです。

仮想通貨を管理するならスペクトロコインがオススメ

以上、スペクトロコインの便利な3つのサービスをお届けしました。

スペクトロコインほど1つのサービスに仮想通貨サポートが集約したサービスはあまりないかと思います。

もちろん日本語対応でなおかつウォレットサービスは無料なので、仮想通貨をお持ちの方はぜひ試してみてください!


記事にBitcoinを投げ銭する!