Wallet/DApps

ERC20,223対応ウォレットTrust(トラスト)の魅力とは

Shoto です。

昨今仮想通貨ウォレットが続々とリリースされて、どれを使うか迷ってしまいますよね。

僕はいくつかウォレットを使い分けているのですが、イーサリアムのERCトークン管理にオススメのウォレットがあるんです!

そこで今回はイーサリアム上に開発されたERCトークン管理にオススメなウォレット、Trust(トラスト)の魅力をお届けしていきたいと思います。

僕も普段からTrustを利用していて、そのユーザーファーストなデザイン設計に惚れ込んでいます。

この記事の要点

  • Trustならイーサリアム上のERC20,ERC223トークンを完全サポート。
  • Trustはシンプルなデザインで操作性に優れたウォレット。
  • 多数のDAppsと直接接続が可能。
  • 高セキュリティかつハイパフォーマンスなシステム設計。

ERC対応ウォレットTrust(トラスト)とは

ウォレットトラスト

ERCウォレットTrustとは仮想通貨およびトークンの管理やDApps(分散型アプリケーション)への直接アクセスを可能とする多機能ウォレットになります。

ERCとはEthereum Request for Commentsの略で、イーサリアム上に発行するトークンの技術仕様になります。

TrustはERC20およびERC223の技術標準に対応したウォレットとなっており、多数の主要なトークンをサポートしています。

また、Trustは秘密鍵をユーザー自身のデバイスで管理するクライアント型ウォレットになります。

そのため、秘密鍵をローカルに自身で管理できるため、第三者にハッキングされるリスクが低くなります。

豊富な対応通貨とシンプルで使いやすいデザイン

Trustではイーサリアム上に開発されるトークンの送金や受け取り、管理することができます。

さらには開発元が海外にも関わらず日本語にも対応しており、ローカライズされています。

その上、操作性に非常に優れ、ユーザーを配慮したデザインで非常に使いやすいです。

実際の送金画面

また、Trustではイーサリアム以外のブロックチェーンネットワークへ切り替えることができます。

これは将来、様々なトークン管理やブロックチェーン仕様など必要性に応じて切り替えることができるということを意味し、拡張性の高さが非常に魅力です。

実際のネットワーク切り替え画面

DApps(分散型アプリケーション)へ直接接続可能

ウォレットトラスト

Trustではウォレットから様々なDApps(分散型アプリケーション)へ接続ができます。

DAppsにはKyberNetworkやDDEXなどのDEX(分散型取引所)、DAppゲームであるEtheremon(イーサエモン)も接続することができました。

実際のDApps接続画面

これはTrustウォレット1つで仮想通貨取引、買い物、ゲームをすることが可能ということになります。

非常に便利ですよね。

システム監査を完了した高セキュリティシステム

ウォレットトラスト

Trustではセキュリティやシステムパフォーマンスを検査する目的で外部の監査人と共同でソースコードレベルまで監査を実施しました。

そして当初予定していた以下の原則をクリアしています。

  • 世界中でインストールされたアプリを全てローカライズするサーバー環境。
  • クライアントデバイスベースの秘密鍵管理。
  • 銀行レベルのセキュリティ設計構築。
  • 認証アプリケーションによる、不正アクセスの防止。

いかにTrustがセキュリティやパフォーマンスを大切にしているかがわかります。

万能ウォレットTrust

以上、ERC対応ウォレットTrustについてお届けしました。

Trustは機能が充実していて素晴らしいですね。

今後、イーサリアムのスケーラビリティが改善されGas(手数料)が実用価格になってくるとDAppsが盛り上がってくると思います。

TrustはDAppsの接続ハブ的なウォレットになっていきそうな予感がします。

今後が楽しみです。

Trust - Ethereum Wallet
Trust – Ethereum Wallet
開発元:SIX DAYS LLC
無料
posted withアプリーチ

日本発の仮想通貨ウォレットGincoの詳細を見る↓↓
【日本発】仮想通貨ウォレットGinco(ギンコー)の4つの特徴


記事にBitcoinを投げ銭する!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。