ICONとLINE Plusの合併会社『unchain』とは

日本のメッセンジャーアプリを代表する『LINE』の子会社『LINE Plus』と韓国版イーサリアムと評されるブロックチェーンプラットフォームICONが共同出資で合併会社『unchain』を設立しています。

こちらの記事ではLINE、ICONのブロックチェーンの概要および『unchain』について簡単に紹介したいと思います。

ICONとLINE Plusの合併会社『unchain』とは

ブロックチェーン

LINEの開発するブロックチェーンとは

LINEのトークンエコノミー

LINEは国外にて『BITBOX』という仮想通貨取引所を設立するなど、国内メッセンジャーアプリだけではなく仮想通貨市場にも大きく貢献しています。

そしてLINEは従来のサービスをさらに向上させるため、ブロックチェーン技術と自社が発行する仮想通貨LINKを活用して、LINEのエコシステム構築を目指しています。

LINEのブロックチェーンや仮想通貨LINKについては【仮想通貨】LINEのLINKトークンをわかりやすく解説にて詳しく解説しています。

韓国発ブロックチェーンプラットフォームICONとは

仮想通貨ICX/ICONのトップ画像

韓国発のブロックチェーンであるICONは異なるブロックチェーンのデータ取引を可能にするブロックチェーンであり、世界的に珍しい仕組みを採用しているブロックチェーンでもあります。

ICONのブロックチェーンプラットフォームで使用する仮想通貨をICXといい、世界中の仮想通貨取引所に上場している認知度の高い通貨となっています。

ICONや仮想通貨ICXについては仮想通貨ICX【ICON/アイコン】とは?チャート・特徴・取引所を解説で詳しく解説しています。

ICONとLINE Plusの合併会社『unchain』

LINEとICONは共にブロックチェーンを開発していますが、今回設立された『unchain』はDApps(分散型アプリケーション)というブロックチェーン上で機能するアプリケーションなどを開発し、双方のブロックチェーンに相乗効果を生み出すとされています。

LINEは今回の合併会社『unchain』の設立に次のようにコメントしています。

世界中のブロックチェーンを相互接続し、最先端のテクノロジを一般的なものに変えることを目的としたグローバルプロジェクトとして、ICONはLINEと提携することで、LINE独自のブロックチェーンサービスとICONネットワークにおける分散型アプリケーションの成長を促進できると考えています。

『unchain』についてのLINE公式発表はこちら

>はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめて仮想通貨を買うならCoincheck!
ユーザー数195万突破!金融庁登録済の仮想通貨交換業者(2019年11月)。
東証一部上場企業のマネックスグループのグループ会社であるCoincheckは国内最大の11種類の仮想通貨を取り扱い、取扱通貨は全て500円から購入可能!
初心者でもスマホアプリから簡単取引可能と評判の取引所で仮想通貨アプリ国内最大の262万DLを突破した人気取引所です。
<取り扱い通貨>・ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リスク(LISK)・ファクトム(FCT)・ライトコイン(LTC)・イーサリアムクラシック(ETC)・モナコイン(MONA)・ステラルーメン(XLM)