ウォレット

仮想通貨ウォレットの種類と特徴を解説

Shoto です。

暗号資産を取引したり保有したりすると管理方法について考えることがあると思います。

そこで一度は耳にするのが暗号資産ウォレットです。

しかし、暗号資産ウォレットの中でもどのようなものがあるのか疑問に思うことがあると思います。

そこで今回は暗号資産ウォレットの4つの種類と特徴について解説していきたいと思います。

要点
  • 暗号資産ウォレットにはオンライン、クライアント、コールド、ハードの4つの種類がある。
  • セキュリティレベルはハードウォレット>コールドウォレット>クライアントウォレット>オンラインウォレット。
  • セキュリティと利便性はトレードオフの関係性にある。

暗号資産ウォレットって?


Gincoイメージ1
暗号資産ウォレットとはそのままの意味で暗号資産のお財布になります。

暗号資産ウォレットは暗号資産を管理したり、送金や受け取りに利用します。

 

最近では暗号資産取引所で相次いでハッキングなどの被害が起きているため、暗号資産ウォレットで暗号資産を管理するのが主流となっています。

そして暗号資産のウォレットには大きく4つの種類に区別され、それぞれ特徴が異なります。

それでは暗号資産ウォレットの4つの種類をみていきましょう。

オンラインウォレット


暗号資産ウォレットイメージ
オンラインウォレットにも2種類あり一つはZaifやbitFlyerなど取引所にて作成されるウォレットです。

もう一方は個別に作成することのできるものです。

 

オンラインウォレットとは基本的にインターネットと接続されているものを指し、インターネットに接続されているためハッキングのリスクがあります。

基本的には取引所などはコールドウォレットなどを利用して対策していますが、coincheckネム流出事件もそうですが絶対にコールドウォレットで管理しているかはユーザーからはわかりません!

オンラインウォレットは利便性はあるものの、セキュリティリスクが多少あります!

クライアントウォレット(ソフトウェア/ローカルウォレット)


暗号資産ウォレットイメージ1
クライアントウォレットはPC内やスマートフォン内にユーザーがダウンロードして利用するものをいいます。

クライアントウォレットは利用の際にブロックチェーンデータを全てダウンロードする完全型と一部だけダウンロードする簡易型があります。

オンラインとオフラインの両方で利用できる特徴がありますね!

コールド(ペーパー)ウォレット


暗号資産ウォレットイメージ2
コールドウォレットとはネットワークから隔離されたところで暗号資産を管理することができます。

コールドウォレットで代表的なのはアドレスと秘密鍵を一緒に紙(テキストデータ)に記録するものです。

こちらは基本的にオフラインで管理するものなので、インターネット経由でのクラッキングリスク(秘密鍵が盗まれる)が少ないです。

代表的なものとして僕も利用しているMyetherWalletなどがあります!

ハードウォレット


暗号資産ウォレットイメージ3
ハードウォレットとはUSBなどと同じようにPCに接続して利用するウォレットになります。

実際にはハードウォレットに暗号資産が管理されるわけではなく、機器本体が秘密鍵の役割を担います。

ハードウォレットをPCに接続することで初めて暗号資産が管理された専用のアプリケーションにアクセスすることができます。

ハードウォレットはクラッキングなどのリスクは低いですが、紛失や破損などに気をつけなければなりませんね!

有名なものだとLedger Nano S(レジャー・ナノ・エス)などがあげられます。


Ledger Nano S(レジャーナノエス)

暗号資産ウォレットまとめ

以上が暗号資産ウォレットの4つの種類と解説でした。

セキュリティレベルでいうとハードウォレット>コールドウォレット>クライアントウォレット>オンラインウォレットの順ですね。

しかし、セキュリティと利便性はトレードオフ関係にあるので、利用目的に応じて使い分けるといいですね!


記事にBitcoinを投げ銭する!