DAppsとは?開発プラットフォームや人気ゲームを簡単に解説

DAppsとはブロックチェーンなどの技術を活用した自立分散型アプリケーションのことをいいます。

DAppsはその定義が難しいですが、一般的にはイーサリアム(Ethereum)などのブロックチェーンプラットフォームなどに開発されるアプリケーションを指すことが多いです。

DAppsの中でもゲーム関連のDAppsが多く、日本でもゲームDAppsが多く開発されています。

こちらの記事では、DAppsの概要から開発プラットフォーム、日本発の人気ゲームDAppsを紹介したいと思います。

DAppsとは?読み方・開発プラットフォーム・人気ゲーム解説

DAppsとは何か?

DAppsは『Decentralized Applications』の略称で日本語では分散型アプリケーションと言われています。

読み方は『ダップス』といい、冒頭にも触れましたが定義が難しく、ブロックチェーンを活用して自立分散的に機能するアプリケーションを指すことが多いです。

DAppsをより簡単に理解するために仮想通貨ビットコインやイーサリアムをイメージすると理解しやすいと思います。

仮想通貨ビットコインやイーサリアムはブロックチェーンという技術を活用することで中央管理者が存在しない通貨として機能しています。

DAppsも同様にブロックチェーンを活用することでデータの記録やデジタル資産の証明など一部の機能を管理者を必要とせず分散的に運用することができます。

そのため従来のアプリと比較してブロックチェーンを活用したアプリである『DApps』は下のようなメリットがあります。

[box02 title=”DAppsのメリット(例)”]
  • DAppsでは、データの記録やデジタル資産(ゲームアイテムなど)の保有証明が分散的かつ自動で運用できる。
  • ブロックチェーン上に記録されるDAppsのデータはハッキングリスクが低い。
  • 1つのサーバーではなく、複数のコンピューターによって運用するため、システム障害やデータの欠損が起きない。
[/box02]

DAppsの開発プラットフォーム【イーサリアム】

DApps開発プラットフォーム『イーサリアム』

DAppsはブロックチェーン上に開発されるアプリケーションですが、DAppsを開発することができるプラットフォームはいくつか存在します。

代表的なDApps開発プラットフォームはイーサリアム(Ethereum)です。

イーサリアムでは、DAppsを開発する上で重要な技術であるブロックチェーンプラットフォームを提供しています。

イーサリアムのブロックチェーンを活用して開発されるDAppsは多く、理由としてイーサリアムのブロックチェーンプラットフォームの性能が優れており、プラットフォームに参加するユーザーが多いのが1つの理由です。

イーサリアム以外にもEOSやTRON、NEMなどDAppsを開発することができるブロックチェーンプラットフォームが存在し、その性能や特徴に応じてDAppsを開発するプラットフォームを開発者は選びます。

また、DAppsを利用するユーザーもサービス内のデータはDAppsが開発されているブロックチェーンプラットフォームに記録されることになります。

次に日本でも普及しているDAppsとしていくつかDAppsゲームを紹介したいと思います。

日本発!ブロックチェーンを活用したDAppsゲーム

分散型アプリケーション『DApps』

DAppsゲーム:マイクリプトヒーローズ【MCH】

DAppsゲーム『マイクリプトヒーローズ』トップページ

日本発のDAppsゲーム『マイクリプトヒーローズ【MCH】』はイーサリアムのブロックチェーンを活用して開発されるRPGゲームです。

ダンジョンをクリアしていくことで、ヒーローや武器などのアイテムが手に入ります。

このヒーローやアイテムはイーサリアムブロックチェーンに所有権などが記録され、OpenSeaなどのデジタル資産を取引できるプラットフォームで売買することができます。

マイクリプトヒーローズはこちら

DAppsゲーム:くりぷ豚

DAppsゲーム『くりぷ豚』トップページ

こちらも日本発のDAppsゲーム『くりぷ豚』。

くりぷ豚は日本初のDAppsであり、イーサリアムブロックチェーンを活用して開発されています。

くりぷ豚は3京6,000兆通りのパターンが「くりぷトン」をお見合いし新しいクリプトンを集めたり育成してクリプトンレースで競うゲームです。

くりぷ豚はこちら

DAppsのランキングを調べるなら【DApps Radar】

DApps Raderトップページ

ここまでDAppsの概要や開発プラットフォーム、DAppsゲームなど紹介してきました。

最後にDAppsのランキングなど様々な情報が調べられる【DApps Radar】を紹介します。

DApps RadarはブロックチェーンプラットフォームごとのDAppsやDApps詳細情報などを調べることができます。

例えばDApps Radarでは、DApps内で流通する仮想通貨の取引高なども調べることができます。

DAppsランキング

DAppsについて何か調べることがあれば活用してみてください。

【DApps Radar】はこちら

>はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめての仮想通貨投資なら『Coincheck』

はじめて仮想通貨を買うならCoincheck!
ユーザー数195万突破!金融庁登録済の仮想通貨交換業者(2019年11月)。
東証一部上場企業のマネックスグループのグループ会社であるCoincheckは国内最大の11種類の仮想通貨を取り扱い、取扱通貨は全て500円から購入可能!
初心者でもスマホアプリから簡単取引可能と評判の取引所で仮想通貨アプリ国内最大の262万DLを突破した人気取引所です。
<取り扱い通貨>・ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リスク(LISK)・ファクトム(FCT)・ライトコイン(LTC)・イーサリアムクラシック(ETC)・モナコイン(MONA)・ステラルーメン(XLM)